Loading
2014年09月29日 10時00分 UPDATE
PR

ハードウェアを代えるだけで業務システムの性能と安定性が劇的に改善フラッシュメモリストレージで今抱える問題を解決する SSD Applianceで継続的な性能向上を

業務の拡張やデータ増によって基幹系システムの性能が悪化し、業績や顧客満足度に悪影響が出そう。こうした状態を低コストかつ短期間で解消する手段がある。チューニング不要で、ワークロードの高速化を実現できる。

[ITmedia]

 企業の基幹系システムの処理速度は、その業務に携わる人の業務効率や生産性だけでなく、業績や顧客満足度にも大きな影響を及ぼす。そこで、どの企業も基幹系システムに関しては性能の監視・管理を徹底し、悪化またはその兆候が見られる場合には改善の手を素早く打つようにしている。

 システム高速化の方法は幾つか存在するが、その中からどれを選ぶかは業務ニーズ、システムの特性、IT投資についての長期計画、許容される投資額などに基づいて慎重に検討する必要がある。

 例えば、バックエンド処理の“要”となるデータベース(DB)サーバの場合はどうか。本稿では、複雑なチューニングは不要で、多様なワークロードを短期間で高速化を実現するソリューションを探る。

提供:日本マイクロソフト株式会社

提供:日本マイクロソフト株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部