2014年10月08日 08時00分 UPDATE
特集/連載

iOSの進化やツールの充実で端末管理が楽にiPhone/iPad管理なら実は「Mac OS X Server」が安くて最強、できることとは?

「iPhone」「iPad」といったiOS端末の導入企業は、端末管理のためにサードパーティー製のMDM製品を購入する必要はない。iOSの機能強化に加え、米Apple製の純正ツールが充実してきたからだ。

[Sander van Vugt,TechTarget]
tt_tt_iOSMDM_01.jpg

 米Appleが次期アップデートに追加したiOS端末用モバイルデバイス管理(MDM)強化の新機能は、一見の価値がある。端末の自動登録ツールや内蔵機能が相互に連係することで、管理者の仕事は楽になる。

 今回のシステムアップデートで、Appleのスマートフォン「iPhone」とタブレット「iPad」は、任意のMDM製品とシームレスに連係するために必要なあらゆる機能をネイティブで備えることになる。

iOS端末では“インタフェース”にすぎないMDM製品

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news152.jpg

ブレインパッド、「興味キーワード」ごとに自動的にWeb閲覧者のセグメントを作成する新機能を開発
ブレインパッドは、レコメンドエンジン搭載プライベートDMP「Rtoaster」のサポートツール...

news068.jpg

クリエイティブに対する感情分析でターゲティング、動画広告のアンルーリーが新ツールをリリース
アンルーリーは、動画コンテンツに対して好反応なオーディエンスに広告配信するターゲテ...

日本アドバタイザーズ協会、広告業務全般における働き方改善を目指す取り組みを行うと発表
日本アドバタイザーズ協会は、広告業務に携わる人の働き方改善を目指す取り組みを行うと...