2014年10月08日 08時00分 UPDATE
特集/連載

iOSの進化やツールの充実で端末管理が楽にiPhone/iPad管理なら実は「Mac OS X Server」が安くて最強、できることとは?

「iPhone」「iPad」といったiOS端末の導入企業は、端末管理のためにサードパーティー製のMDM製品を購入する必要はない。iOSの機能強化に加え、米Apple製の純正ツールが充実してきたからだ。

[Sander van Vugt,TechTarget]
tt_tt_iOSMDM_01.jpg

 米Appleが次期アップデートに追加したiOS端末用モバイルデバイス管理(MDM)強化の新機能は、一見の価値がある。端末の自動登録ツールや内蔵機能が相互に連係することで、管理者の仕事は楽になる。

 今回のシステムアップデートで、Appleのスマートフォン「iPhone」とタブレット「iPad」は、任意のMDM製品とシームレスに連係するために必要なあらゆる機能をネイティブで備えることになる。

iOS端末では“インタフェース”にすぎないMDM製品

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news009.jpg

製造業のデジタルマーケティングはなぜ成果が出ないのか
2017年7月12日にアイティメディアと富士通総研が共催した「製造業のためのデジタルマーケ...

news081.jpg

プラットフォーム・ワン、プログラマティック広告運用専門のコンサルティングサービスを提供開始
プラットフォーム・ワンは、コンサルティング事業部を設立し、プログラマティック広告運...

news026.jpg

カラフルボード、パーソナル人工知能「SENSY」活用したチャットbotサービスを提供
カラフル・ボードは、同社のパーソナル人工知能(AI)「SENSY」を活用したチャットbotサ...