2014年10月16日 08時00分 UPDATE
特集/連載

特選プレミアムコンテンツガイド比較! ウチの会社とクラウド事業者のITは何が違うのか?

パブリッククラウド事業者とユーザー企業では、ITのアーキテクチャの在り方が大きく異なる。このコンテンツでは、サーバ、ストレージ、ネットワーク、仮想化、データセンター設備、アプリケーションといった観点で比較する。

[TechTargetジャパン]
ik_tt_15149.jpg

 米Gartnerの調査担当副社長レイ・パケット氏は、「2017年には、パブリッククラウドが企業における一般的なアーキテクチャになっているだろう」と予測する。だが、今はまだ、パブリッククラウド事業者とユーザー企業で、ITのアーキテクチャの在り方は大きく異なる。

 パブリッククラウドはオンプレミスの企業ITとは異なり、水平に拡張するよう設計され、シェアードナッシング型アーキテクチャを採用するからだ。インテリジェントなソフトウェアやコスト削減を重視するアーキテクチャによって、スケーラビリティやアジリティを優先するようにできている。

 このコンテンツでは、サーバ、ストレージ、ネットワーク、仮想化、データセンター設備、アプリケーションといった観点で比較する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

伊藤忠テクノソリューションズ藤岡良樹氏が語る、老舗大手SIerにマーケティングが必要になった理由
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...

news085.jpg

スマートスピーカー対応の広告配信ネットワークを構築して音声広告配信、博報堂DYメディアパートナーズなど3社
博報堂DYメディアパートナーズなど3社は、スマートスピーカーなどで提供されるニュースコ...

news012.jpg

スマホネイティブの情報収集行動は「スクショ」「いいね!」――博報堂調べ
「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」の結果が発表されました。スマートフォンの...