2014年10月16日 18時00分 UPDATE
ニュース

NEWS日本医療データセンター、レセプトデータ分析環境を構築――SASを活用

インメモリ型の分析エンジンを用いて、レセプトデータ分析などの医療統計データサービスにおける大量データからタイムリーな検証が可能な環境を構築した。

[TechTargetジャパン]

 日本医療データセンターは、レセプト(診療報酬明細書)データを用いた集計・分析にビジネスインテリジェンス(BI)製品である「SAS Analytics Pro」と「SAS Visual Analytics」を活用している。提供元のSAS Institute Japanが2014年10月16日に発表した。

 日本医療データセンターは健康保険組合(保険者)や研究機関、製薬メーカー、医療機器メーカー、生命保険会社などの顧客にレセプトデータ分析などの医療統計データサービスを提供。レセプトを活用したデータ分析に基づく保健事業支援や医薬品の安全性評価、医療経済分析などで生活習慣病の予防や医療費の抑制などに貢献している。

 これまで日本医療データセンターでは、大量のデータを用いた各種サービスを展開するに当たり、データの内容(詳細情報)やデータ品質そのものの探索や検証などに課題を抱えていた。同社はSASを活用することで、特定疾患の患者数の推定や、被保険者のジェネリック医薬品処方推進に向けたサービスなど顧客のニーズや目的に合わせたデータ分析が可能になったという。

 また、データの加工や集計、分析、可視化、データ品質の検証までを効率的に実施できる環境を整備した。具体的には、レセプトデータ情報を可視化するとともに、2万点以上の医薬品を対象に投与量の異常値(過剰投与)を可視化。異常値を効率的に検知し、修正することが可能になった。さらに疾患別に患者数の推移を確認したり、生活習慣病などによる重症化リスクの高い患者群などを特定するための検証もリアルタイムに実施できたりするという。

 日本医療データセンターでは、ビッグデータに対応するインメモリ型の分析エンジンであるSAS Visual Analyticsでタイムリーなデータ検証が可能な環境を構築できたとしている。将来的には、薬の投与の組み合わせによるデータ分析や薬剤別の安全性領域におけるリスク管理のためのデータ提供など、分析サービスの幅を拡充する予定だ。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

「スマホ動画は縦向き」が初めて多数派に──モバーシャルが動画視聴実態調査
動画制作と動画マーケティング支援のモバーシャルが20〜50代の男女700人を対象に、スマー...

news080.jpg

イオン店舗で「ガチャ」を利用したオムニチャネル施策
グランドデザインが運営するオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall」を活用した販...

news023.jpg

「カゴ落ち防止」のつもりで“ネットストーカー”になっていないか?
「枠」から「人」へ。広告の効率的な配信ができるのはネットの強み。ECサイト事業者にと...