2014年10月17日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Computer Weekly製品導入ガイドワークロード自動化のためのベストプラクティス

あらゆる場面で、人間の介在なしに、ユーザーの要求に応じてワークロードが実行されることが求められている。こうしたワークロード自動化の要件と検討事項を解説する。

[Jean-Pierre Garbani,Computer Weekly]
Computer Weekly

 顧客中心の時代にあって、ワークロード自動化に対する圧力は増す一方だ。顧客はオンラインで銀行口座の相談や管理ができたり、次のフライトについての正確な情報を受信できるといったことを期待する。優れたワークロード自動化は、企業のプロセスをそうした顧客の期待に効率的に沿わせる一助となる。

Computer Weekly日本語版 10月8日号無料ダウンロード

15301.gif

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。


 ビジネスユーザーは一般的に、ワークロード自動化の背後にあるパワーを認識していない。セルフサービスは、データ集中型やコンピュータ集中型のプロセスを自動化するため、IT管理のプロフェッショナルとビジネスユーザーが力を合わせる絶好の機会だ。ビジネスプロセスの一部を実行するために、これをまとめようと苦心しているユーザーもいる。これはまた、ビジネスプロセス自動化に向けた最初の入り口でもある。

 ワークロード自動化を運用する枠組みは、データの量、時間、精度の程度によって決まる。正確な情報を期限までに生成するためには、ワークロード自動化によってシステム間でデータをセキュアかつ安定的に転送できなければならない。また、リソースの使用を調整するためのコントロールを1カ所で行う必要がある。

 企業内の多様なカスタム版アプリケーションやパッケージ化されたアプリケーションでは、リソースの衝突を避けるため、異なるバッチスケジュールを調整して統合する必要がある。作業がいつ終わるかを予想し、プロビジョニングの自動化でインシデントやリソース不足に対応すれば、作業が期日通りに終わることを保証できる。以上のような条件は全て、現代のワークロード自動化ソリューションを決定付ける重要なコンポーネントになっている。

 適切なデータの抽出や掘り起こしを行うということは、その場限りの業務をこなすためにセルフサービスインタフェースを通じてワークロード自動化を利用するビジネスユーザーがますます増えるということだ。これはIT業務とビジネスとの緊密な連携のみならず、数年前までプラグインの代替として一般的だったあの手ごわいスクリプトを使わずに、非技術系のユーザーがワークフローを規定できるレベルの抽象化につながる。

主な要件

 現在必要とされる要件は、全社的な進化から、最先端のビジネスプロセス自動化のための作業スケジュール製品まで多岐にわたる。だがいずれも突き詰めれば、利用可能なインフラ上でアプリケーション実行管理を改善することに尽きる。理由は単純だ。もはやバッチ処理が夜間に行われることはなくなり、しかも実態はバッチ処理ではなく、むしろ非同期処理になっている。これは時間がかかりすぎてオンライントランザクション処理の対象にはできず、リソースが許す限りいつでも実行できるタスクの実行を指す。ここから3つの条件に結び付く。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

Supership、独自データと位置情報を掛け合わせたオーディエンス広告配信を提供開始
Supershipは2016年9月29日、位置情報に基づいた効果的な広告配信を実現する「Supership G...

news139.jpg

「F.O.X」で計測したデータを「TREASURE DMP」内で分析可能に
CyberZとトレジャーデータは連携し、スマートフォン広告向けソリューションツール「Force...

news133.jpg

シャノンとソフトブレーンが連携、マーケティングデータを活用した営業支援を強化
ソフトブレーンとシャノンは業務提携し、マーケティングデータを有効に活用し、戦略的な...