2014年10月20日 08時00分 UPDATE
特集/連載

実トラフィックが語る「セキュリティ脅威の真実」【第3回】「Heartbleed」の脅威を正しく回避する7つの対策

企業では、SSL暗号化通信をするアプリはどれくらい使われているのか。OpenSSLの脆弱性「Heartbleed」に対処する方法とは。調査結果を交えて詳細に示す。

[三輪賢一,パロアルトネットワークス]

 国内企業のネットワークに次世代ファイアウォールを接続して収集した生データを基に、最新の脅威について解説する本連載。第2回「会社で見つかるマルウェアは年間2000種以上――実トラフィックで明らかに」に続く今回は、企業におけるSSL使用状況を紹介しつつ、昨今話題となっているSSL/TLSライブラリ「OpenSSL」の脆弱性である「Heartbleed」の対策について解説していきます。

実は多い、日本企業でのSSL使用状況

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

電通デジタルとトライベック、オムニチャネルを視野に入れた「ECサイト診断」サービスを提供開始
電通デジタルとトライベック・ストラテジーは、両社が共同開発した「ECサイト診断」サー...

news032.png

「WEBCAS e-mail」、複数メールの横断分析やトランザクションデータの差し込みができる新バージョンを発売
エイジアはメール配信システム「WEBCAS e-mail」の新バージョンを発売すると発表した。新...

news010.jpg

最後はやはり「人間」だから――B2Bマーケティングにおけるエモーショナルなアプローチの意義
米国のB2Bマーケティングは、日本に比べて圧倒的に進んでいるといわれています。今回は、...