2014年11月17日 08時00分 UPDATE
特集/連載

トラブルシューティングに実は役立つ「Windows 8.1」マスターのための“管理者アカウント講座”

「Windows 8.1」の初期設定は容易に変更することができる。例えば、ファイル削除時に確認メッセージを表示するか否かなどだ。初期設定を変更することで、管理者の作業が軽減されるケースもある。

[Nirmal Sharma,TechTarget]
1114_kf_win8_190.jpg

 米MicrosoftのクライアントPC向けOS「Windows 8.1」がどのように動作するか、その設定を変更したいケースがある。例えば、従業員が「Windowsストア」からアプリを勝手にインストールすることを禁止するといった場合だ。

 「Active Directory」で管理された環境では、ドメインコントローラーで「グループポリシーオブジェクト」(GPO)を構成して、ドメインに参加している全てのPCにGPOの設定を適用することができる。だが、Active Directoryを導入していない環境でも、ローカルツールを使ってWindows 8.1の設定を変更したいというニーズがあるはずだ。

 本稿では、ローカルのAdministratorアカウントの設定例として、ファイルを削除する際に確認メッセージが表示されるようにする手順を紹介したい(Winodws 8.1の初期設定では、ファイルやフォルダの削除時に確認メッセージが表示されないようになっている)。

ローカルのAdministratorアカウントを有効にする

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news010.jpg

メルカリ、フィンテック、宅配便再配達問題…… EC時代の生活者インサイトはどうなってる?
利便性がもたらす社会のひずみについて考えさえられる今日このごろ。各種の調査データか...

news116.jpg

ドーモ、MobifyのEC向けプログレッシブWebアプリ(PWA)を提供開始
ドーモは、日本代理店として取り扱うMobifyの新しいEコマース向けプログレッシブ Webアプ...

news068.jpg

動画広告に最適な「尺」「デザイン」「メッセージ」他、ヒトクセ 宮崎 航氏が語る実践的ノウハウ
本稿では、2017年5月11日に実施された「Web & デジタル マーケティング EXPO 春」におけ...