2014年11月17日 08時00分 UPDATE
特集/連載

トラブルシューティングに実は役立つ「Windows 8.1」マスターのための“管理者アカウント講座”

「Windows 8.1」の初期設定は容易に変更することができる。例えば、ファイル削除時に確認メッセージを表示するか否かなどだ。初期設定を変更することで、管理者の作業が軽減されるケースもある。

[Nirmal Sharma,TechTarget]
1114_kf_win8_190.jpg

 米MicrosoftのクライアントPC向けOS「Windows 8.1」がどのように動作するか、その設定を変更したいケースがある。例えば、従業員が「Windowsストア」からアプリを勝手にインストールすることを禁止するといった場合だ。

 「Active Directory」で管理された環境では、ドメインコントローラーで「グループポリシーオブジェクト」(GPO)を構成して、ドメインに参加している全てのPCにGPOの設定を適用することができる。だが、Active Directoryを導入していない環境でも、ローカルツールを使ってWindows 8.1の設定を変更したいというニーズがあるはずだ。

 本稿では、ローカルのAdministratorアカウントの設定例として、ファイルを削除する際に確認メッセージが表示されるようにする手順を紹介したい(Winodws 8.1の初期設定では、ファイルやフォルダの削除時に確認メッセージが表示されないようになっている)。

ローカルのAdministratorアカウントを有効にする

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットが好き過ぎる人々の夏
テクノロジーは日進月歩。技術に合わせて私たちのITリテラシーは進化しているのか。ネッ...

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...