2014年11月17日 15時00分 UPDATE
特集/連載

仮想デスクトップかクラウドかどこでもアクセス&データ保護を実現する2枚の切り札

デスクトップ管理ソフトウェアとクラウドバックアップツールを使えば、デバイスが故障しても従業員が会社のデータにアクセスできることを保証できる。ただ、目的が同じでも両者の採用する方法は異なる。

[Jake O'Donnell,TechTarget]
tt_yo_2014_1117.jpg

 従業員は、いつでも会社のデータにアクセスできることを望んでいる。IT部門は、クラウドまたはオンプレミスのさまざまなソフトウェアを使用して、データへの常時アクセスとデバイスのデータバックアップという2つのニーズに対応することが可能だ。その方法は1つではない。

 まず、デスクトップ管理ソフトウェアを使用する方法がある。また、要件が多くない場合は、クラウドベースのバックアップツールを利用することが可能だ。私物端末の業務利用(BYOD)を採用している企業は、クラウドベースのバックアップツールの恩恵を受けることができるだろう。

DesktopNowでデータへのアクセスを提供する

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

広告運用で本当に必要とされる自動化とは何か?
プラットフォームの自動化技術が進み、日本の広告運用の現場にもようやく浸透し始めてい...

news020.jpg

「動画広告を運用する」とは、そもそもどういうことなのだろうか?
ブランディング目的で活用する動画広告をどう運用するか。そのそも広告を運用するとはど...

news075.jpg

インティメート・マージャー、B2B向けリードジェネレーションツール「Select DMP」の提供を開始
インティメート・マージャーは、B2B向けのリードジェネレーションを目的としたニーズ検知...