2014年11月21日 08時00分 UPDATE
特集/連載

実務部門対策コカ・コーラがミッションクリティカルシステムをクラウドに移行する理由

米国最大のコカ・コーラボトラーが、ERPも含めたシステムの大半をクラウドに移行しようとしている。同社がクラウド移行を決断した理由とは?

[Archana Venkatraman,Computer Weekly]
Computer Weekly

 飲料会社である米Coca-Cola Bottling Company Consolidated(CCBCC)のCIO、 オニエカ・ンチェゲ氏は現在、自社の基幹業務のワークロードをクラウドに移行させるタスクに取り組んでいる。

Computer Weekly日本語版 11月19日号無料ダウンロード

15555.gif

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 11月19日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。


 2014年に英ロンドンで開催されたカンファレンス「Cloud World Forum 2014」の基調講演でンチェゲ氏は、「われわれは既に移行プロセスに着手している。一部の拠点で基幹業務をクラウドに移行して、運用も始めている」と参加者に対して報告した。「今後2〜5年で、基幹業務のアプリケーションはERPシステムを含めてその大半をクラウドに移す予定だ」(ンチェゲ氏)

 ただしンチェゲ氏の戦略で、基幹業務のワークロードを稼働させるプラットフォームとして採用しているのはプライベートクラウドだ。

 「当面はプライベートクラウド戦略を進めるが、3〜5年後にはパブリッククラウドサービスを大いに利用しようと考えている」。例えばンチェゲ氏は、メールサービスとして米MicrosoftのOffice 365の利用を検討中だ。「われわれの関連企業数社が既にOffice 365を利用しているので、当社でも採用することにした」とンチェゲ氏は話す。

 そこでCCBCCは、Google、AWS、Microsoftなどパブリッククラウドのプロバイダーも同社案件の入札に招いたと、同氏は本誌Computer Weeklyに語る。

 CCBCCは米国内で最大の独立系コカ・コーラボトラーで、清涼飲料水の製造、マーケティング、販売を展開している。売上高は約15億ドルだ。

 現在同社はプライベートクラウド上で人事(HR)、勤怠管理、人材採用、調達などのシステムを運用している。

 ンチェゲ氏の計画では、社内ITシステムの80%をクラウドに移行させる予定だ。クラウドコンピューティングの最大の利点は、ITシステムが簡略化できて管理も容易になることだと同氏は語る。

 「実務部門のマネジャーたちはわれわれITチームに、(自部門用)ITサービスのカスタマイズを依頼してくる」とンチェゲ氏は明かす。「カスタマイズは複雑さを増すことにつながり、IT資産の堅牢性も損ねる。それにITチームが開発作業に時間を割くと、社内システムの停止時間も増えてしまう。そこで、標準化されたクラウドサービスを導入した。今後実務部門は、従来のように既存製品から(使いたいものを)選ぶのではなく、もともとの設計通りにオンデマンドでITサービスを利用して、アジャイル開発を自力で進めてもらう」

 しかしそんなに大きくプロセスを変更して、実務部門から不満の声は上がらなかったのだろうか。

続きはComputer Weekly日本語版 11月19日号にて

15555.gif

本記事は抄訳版です。全文は、以下でダウンロード(無料)できます。


Computer Weekly日本語版 最近のバックナンバー

Computer Weekly日本語版 11月5日号:クラウドに失敗する企業の法則

Computer Weekly日本語版 10月22日号:次に市場から消えるのは誰?

Computer Weekly日本語版 10月8日号:進撃のBig Apple


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

2016年夏のテレビ的「話題」と「問題」
リオ五輪で注目を集めた日本人選手、パラリンピック選手の競技環境、テレビが健康に及ぼ...

news083.jpg

マーケティングオートメーション「B→Dash」が「Sansan」「kintone」と連係開始
フロムスクラッチが開発・提供するマーケティングオートメーションプラットフォーム「B→...

news028.jpg

Act-on Softwareのマーケティングオートメーションを月額9万円で提供
MKTインターナショナルは、Act-on Softwareと販売パートナー契約を締結し、同社が提供す...