2014年12月03日 12時00分 UPDATE
特集/連載

医療IT最新トピック日野市とGEヘルスケアが実践――高齢社会の新しい官民連携モデルを探る

東京都日野市とGEヘルスケア・ジャパンの高齢社会の課題解決に向けた協業、育児に役立つコンテンツを提供するスマホアプリの提供開始など、医療IT関連の最新トピックを紹介します。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

関連キーワード

医療IT | 経営 | 医療クラウド


jo_tt_141203_md0.jpg

 「IT化が他分野より10年遅れている」ともいわれる医療業界だが、関連技術や製品、サービスは日々進化している。医療IT関連の動向を紹介する「医療IT最新トピック」。今回は、東京都日野市とGEヘルスケア・ジャパンの高齢社会の課題解決に向けた協業、訪問介護/看護の最適ルート支援サービス、育児に役立つコンテンツを提供するスマホアプリなどを取り上げる。

医療機関のIT化に関する読者調査を実施中! (2014年12月12日まで)

医療機関に従事する方を対象に、IT導入の現状や課題、投資意欲などの状況をお伺いするアンケート調査を実施しています。

 アンケート回答者の中から抽選で、3名さまに「Amazonギフト券(5000円分)」、をプレゼントします。今後の情報提供やサービス改善のため、ぜひアンケートにご協力ください。


日野市とGEヘルスケア、高齢社会の課題を解決する連携モデルの構築を目指す

photo

 東京都日野市とGEヘルスケア・ジャパンが「少子高齢社会における地域連携モデル作りのためのパートナーシップ協定」の締結に合意した。今後両者は資源、人材、ノウハウやネットワークなどを活用し、地域発のソーシャルイノベーションの創出を推進するという。この協定に基づく、具体的な取り組みは以下の6分野となる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

AdRollが日本でも「ネイティブ広告」の販売を開始
AdRollは、米国にて提供中の「ネイティブ広告」のサービス提供を日本でも開始した。

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...