Loading
2014年12月11日 10時00分 UPDATE
PR

日本ジオトラスト株式会社提供ebook「遅いWeb」「危ないWeb」を防ぐには? ヤマハ発動機などの事例で学ぶ

WebサイトやWebアプリのパフォーマンスや安全性をどう高めるべきか。ヤマハ発動機のヨーロッパ法人の事例からパフォーマンス改善策を、Webアプリの不備に関する実例からセキュリティ対策を学ぶ。

[ITmedia]

 コンシューマー向けだけではなく、企業間取引にWebサイトやWebアプリケーションを活用することも今や珍しくなくなった。ビジネスの舞台としてWebを活用する上で、そのパフォーマンス確保やセキュリティ対策は大きな課題だ。Webのトラブルをビジネスに直結させないようにすべく、企業は知恵を絞っている。

 ヤマハ発動機のヨーロッパ現地法人であるオランダのYamaha Motor Europeも、取引先向けWebサイトのパフォーマンス低下に直面した1社である。同社ではアプリケーションサーバの刷新に伴い、5秒だったページロード時間が40秒に悪化してしまったという。

 TechTargetジャパンの人気記事を再構成した本資料では、パフォーマンス問題の解決に向けた同社の取り組みを解説。併せて、米企業のセキュリティ担当者の経験を基に、Webアプリケーションの安全性を確保するために確認すべき、入力検証の不備の実例を4種紹介する。