2014年12月12日 08時00分 UPDATE
特集/連載

端末よりデータ/アプリの管理が中心に初代「iPhone」登場で生まれた“スマホセキュリティ”がますます重要になる理由

企業の“スマホセキュリティ”は成熟するにつれて、その保護対象が変化している。現在は、端末そのものよりもデータやアプリの管理の方が重要であると認識され始めている。この市場のこれまでとこれからを考察する。

[Michael Finneran,TechTarget]
1211_kf_mobile_security_190.jpg

 企業でのモバイルセキュリティが成熟するにつれて、端末そのものよりもデータやアプリの管理の方が重要であることが明確になり始めている。

 米Appleの初代「iPhone」がリリースされた2007年6月が“現代”のモバイル市場の幕開けとされている。多くの企業ユーザーが、カナダBlackBerryの「BlackBerry」を廃止し、新しく魅力的なタッチスクリーン対応デバイスから会社の電子メールやその他のシステムにアクセスできるようにすることをIT部門に求めた。

「iPhone 6 16GB ゴールド SIMフリー」、読者プレゼント実施中!

iPhone 6(写真はシルバー)

TechTargetジャパンは、「iPhone」「iPad」といったiOS端末の業務利用に関する記事を集約したテーマサイト「iOS端末で会社は幸せになれる? 『iPhone』『iPad』の業務利用は“天国”か“地獄”か」を開設しました。本テーマサイトの開設を記念して、「iPhone 6 16GB ゴールド SIMフリー」を抽選でプレゼントします。

プレゼント申し込みはこちら


ITmedia マーケティング新着記事

news007.jpg

電通デジタル、日本企業のデジタルトランスフォーメーション&デジタルマーケティングに関する調査を実施
電通デジタルが実施した「デジタルトランスフォーメーションとデジタルマーケティングの...

news048.jpg

Facebook活用で地方創生、神戸市の取り組みで見えた成果と課題とは?
フェイスブック ジャパンと神戸市が2018年7月に提携した「地域経済・地域コミュニティ活...

news035.jpg

スパイスボックスがAIを活用したフォロワー獲得サービス、ブランドと親和性の高いユーザーに「いいね!返し」
スパイスボックスは、AIスタートアップ企業AIQが蓄積するInstagram約700万アカウントのプ...