Loading
2014年12月24日 10時00分 UPDATE
PR

運用負荷を軽減してITの戦略活用にリソースをシフトルールに従うだけ、「PC運用管理のシンプル化」がもたらす価値とは

IT部門の人手不足が叫ばれる昨今、「PCの運用管理」は頭痛の種となっている。ビジネスへの貢献度の低いこの作業を効率化すれば、より付加価値の高い業務にリソースを注力することができるはずだ。

[TechTargetジャパン]

 中堅・中小企業がITを活用する上で、常に頭の痛い問題として持ち上がるのが「PCの運用管理」だ。ただでさえIT部門の人手不足が叫ばれる昨今、ほとんどの中堅・中小企業はできれば運用業務に人手を割きたくない。ましてやクライアントPCの運用管理は、いくら人手を掛けたところで売り上げの増加に貢献するわけではない。できれば業務をシンプル化して、それまでPCの管理に煩わされてきた人手をより付加価値の高い仕事に回したいところだ。

 では、具体的に何から手を付ければいいかとなると、ほとんどの企業がはたと考え込んでしまう。その理由は、世の中にPC運用管理のスタンダードが確立されていないからだ。大規模企業なら、自社ニーズに最適化された運用管理手法を一から設計して、それを丸ごとアウトソースすることも可能だが、一般的な中堅・中小企業にとっては、そこまで本格的なビジネスプロセス改善はハードルが高い。では、世の中に手本とすべきPC運用管理のプロセスが確立されているかというと、残念ながら存在しないのが実情だ。

 では、中堅・中小企業におけるPCの運用管理に掛かる手間を最小限にとどめ、業務を最適化するにはどのようにすればいいのだろうか? 本稿では、このようなニーズに合致したユニークなサービスを紹介する。

提供:日本電気株式会社

提供:日本電気株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部