2014年12月25日 10時00分 UPDATE
PR

Hadoop活用で二極化する企業、それぞれの課題を解決これからのデータ分析・活用で失敗しないための処方せん

身近になりつつあるビッグデータ活用だが、既に導入している企業、まだ踏み込めていない企業ともにそれぞれに悩みを抱えているのが現状だという。ビッグデータを有効活用するためのヒントを紹介する。

[TechTargetジャパン]

 ビッグデータをビジネスに生かす企業の取り組みが活発化している。例えば、あるネット通販事業者では膨大なアクセスログや購買データを分析し、各利用者に適切な広告や商品などを掲載する仕組みを構築している。また、Twitterに代表されるSNSにおける自社に関連する投稿の情報を収集することで、企業ブランドイメージの現状把握やその向上施策につなげているという。

 身近になりつつあるビッグデータ活用だが、企業によってその対応状況はまちまちだ。既にビッグデータ活用基盤を導入している企業と、その活用に二の足を踏む企業とに分かれ、それぞれ固有の課題を抱えているという。本コンテンツでは、ビッグデータを活用しきれていない、またはこれから取り組むという企業の担当者に向け、ビッグデータ活用で失敗しないためのヒントをお届けする。

提供:EMCジャパン株式会社

提供:EMCジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部