2015年01月05日 12時00分 UPDATE
特集/連載

“多層防御万能論”も崩壊セキュリティ製品では「100%の安全確保」はやっぱり無理 残された一手は?

複数のセキュリティ対策を組み合わせる多層防御の重要性が指摘されている。だが調査結果によると、セキュリティ製品が期待通りに機能しないことは珍しくないようだ。

[Brandan Blevins,TechTarget]
tt_tt_Security_01.jpg

 多層防御セキュリティモデルが企業の情報セキュリティプログラムの中核を担っているといわれて久しい。多層防御セキュリティモデルでは、単一障害点を回避するために複数のセキュリティ製品やプロセス、コントロールを導入する。

 だが最近の調査結果によると、非常に優れたセキュリティ製品を導入していても、攻撃を受ける可能性はゼロにはならないことが分かった。

高性能セキュリティ製品の盲点

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

オフライン広告の効果可視化とマーケターの働き方改革に向け、サイカとインテージが業務提携
サイカとインテージは業務提携を行い、オフライン広告の効果測定における汎用的な分析ソ...

news027.jpg

電通など3社、“人”基点でコンテンツマーケティングを高度化する「People Driven Content Marketing」を提供
電通と電通デジタル、サイバー・コミュニケーションズの電通グループ3社は、“人”基点で...

news014.jpg

スマホサイトのユーザビリティ 業種別1位は通信、企業別では?――トライベック・ストラテジー調査
トライベック・ストラテジーとトライベック・ブランド戦略研究所は、「スマートフォンユ...