2015年01月15日 12時00分 UPDATE
特集/連載

医療系ITベンダーの市場参入が進む医療機関がクラウドストレージのお得意さまになっている理由

クラウドストレージの利用を検討する医療機関が増加している。それを後押ししているのは、データ圧縮技術の進化と低価格化だ。

[Reda Chouffani,TechTarget]
jo_tt_150115_medical.jpg

 コモディティ化によって、クラウドストレージは消費者と専門家の間で普及が進んでいる。また、クラウドストレージの導入が急増したことで、どのデバイスからでも、いつでもデータにアクセスできる環境が整った。このトレンドによって、医療系のITベンダーはこぞってクラウドサービスを活用し、患者や臨床医が医療データに簡単にアクセスできるようにしている。さらに、重要な医療データを患者や医師に提供することにクラウドが役立つと気付いたクラウドストレージプロバイダーが、医用画像を重視するようになっている。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news081.jpg

楽天イーグルス、スポーツマーケティングのデジタルシフトへ「b→dash」を導入
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」が楽天イーグルスを運営...

news063.jpg

「AIコピーライター 言葉 匠」 トランスコスモスが開発
トランスコスモスとAI研究所Communication Science Labは、インフィード広告を中心とした...

news059.jpg

「Oracle Analytics Cloud」がプライベートDMP構築で活用される理由
日本オラクルは「Oracle Analytics Cloud」の拡充を発表した。プライベートDMP構築にも活...