2015年01月16日 15時00分 UPDATE
特集/連載

データ活用企業は増加中ビッグデータブーム、“オワコン”を超えて生まれる実用技術の今

過大な期待が寄せられたビッグデータのブームが終了し、実用的な技術が次々に登場している。データ分析のトレンドや技術の最新動向を紹介する。

[Ed Burns,TechTarget]

関連キーワード

Apache | Apple | Hadoop | ビッグデータ


ik_tt_data01.jpg

 ビッグデータがもてはやされるようになって早数年が経過した。2014年、企業はビッグデータに関心を示すだけでなく、その真の価値を引き出す方法を見いだすべく始動した。

 2014年、ビッグデータは単に企業が関心を示すだけの対象ではなくなり、実際に活用され、業務の一部として受け入れられるようになった。ビッグデータの分析結果を意思決定に活用している企業の数は増え続けている。このような動きの中で、テクノロジー市場の様相を変える動向が幾つか見られた。本稿では、重要度の高い動向の幾つかを振り返ってみたい。

クラウドベースの分析が人気

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

大日本印刷とSMN、丸善ジュンク堂書店が保有する書誌データなどを活用した広告配信プラットフォームで協業
大日本印刷が、グループの丸善ジュンク堂書店、ハイブリッド型総合書店hontoの「本の通販...

news090.jpg

広告コミュニケーションを「ヒアリングファースト」で一方向から双方向へ
「Forbes 30 Under 30 Asia」に選出された気鋭の起業家の目に映る次世代の広告体験とはど...

news022.jpg

Webアナリティクス、日本の市場規模は米国の14%以下
他社はどのツールを導入しているのか。営業インテリジェンスデータサービス「Datanyze」...