2015年01月22日 08時00分 UPDATE
特集/連載

デスクトップアプリと同じやり方は通用しない「Wordユーザーの80%は全機能の20%しか使わない」はモバイルでも真実か

モバイルアプリにはデスクトップアプリとは異なるユースケースがあり、デスクトップアプリほどの物理的スペースもない。デスクトップアプリのやり方を踏襲したのでは、成功は望めない。

[Bryan Barringer,TechTargetジャパン]
jo_tt_150122_sysdev.jpg

 モバイル端末とデスクトップとは全くの別物だ。だが、企業向けのWindowsデスクトップアプリとモバイルアプリのこととなると、口で言うほど簡単ではない。アプリ開発チームは、アプリケーションをどのプラットフォームに対応させるかについて、その選択に伴う派生的な影響を含めて検討しなければならない。リリースまでに実装すべき機能はプラットフォームごとに異なるかもしれないし、ときには同じアプリケーションのロードマップをOSごとに分けて管理しなければならない可能性すらある。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

広告運用で本当に必要とされる自動化とは何か?
プラットフォームの自動化技術が進み、日本の広告運用の現場にもようやく浸透し始めてい...

news020.jpg

「動画広告を運用する」とは、そもそもどういうことなのだろうか?
ブランディング目的で活用する動画広告をどう運用するか。そのそも広告を運用するとはど...

news075.jpg

インティメート・マージャー、B2B向けリードジェネレーションツール「Select DMP」の提供を開始
インティメート・マージャーは、B2B向けのリードジェネレーションを目的としたニーズ検知...