2015年01月23日 12時00分 UPDATE
特集/連載

特選プレミアムコンテンツガイドクラウドに移行して良かった企業/後悔した企業

クラウドサービスの利便性や初期コストなどさまざまなメリットを考えれば、企業がクラウドサービスを利用しない手はない。だが、クラウドサービスの利用にあえて慎重になる企業もいるようだ。

[TechTargetジャパン]
ik_tt_cloud01.jpg クリックでダウンロードページヘ

 クラウドサービスを利用して、社内のサーバや配線をお払い箱にするというアイデアは、企業のIT部門にとってますます魅力的な選択肢となっている。アプリケーションのクラウド移行は、今後のあるべき姿なのである。

 ただし、セキュリティや全体的なコストについては、いまだ多くの企業が懸念を持っている。コストは、時間当たりの利用料や従業員数など、さまざまな要素によって利用企業ごとに異なる。

 このコンテンツでは、米Salesforce.comのクラウドサービスを活用した企業が、ROI(投資対効果)の観点からオンプレミスを含めた別の選択肢を検討している事例を取り上げる。一方、企業がクラウドへ簡単に移行できる5つのワークロードとアプリケーションも紹介する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...