2015年01月29日 15時00分 UPDATE
特集/連載

「アクティビティモニタ」の使い方を解説MacでWindows「タスクマネージャー」と同様の機能を使うと何が便利?

米Appleの「Mac」を管理しなければならないIT管理者は、Windowsの「タスクマネージャー」のような機能が使いたいと思うときがあるだろう。そこで役立つのが「アクティビティモニタ」だ。

[Ric Getter,TechTarget]

関連キーワード

Mac | Windows | Apple | OS


tt_tt_Mac_01.jpg

 Windowsで何か問題が起こったらまず「タスクマネージャー」を開くが、米Appleの「Mac」ではどうだろうか? 愛好者が何と言うかはさておき、Macといえども問題が起こるときは起こる。Windowsにおけるタスクマネージャー同様、MacのOSである「OS X」も「アクティビティモニタ」というユーティリティを用意する。

 アクティビティモニタを使うと、システムの各種パフォーマンス情報を確認したり、各プロセスやアプリケーションがメモリやディスク、ネットワークをどれくらい使用しているかを調べたりできる。

「アクティビティモニタ」でできること

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

エクスペリエンスは「場」から「時間」へ――エクスペリエンス×IoTのメカニズム
顧客の過去・現在・未来のエクスペリエンスは「データ」を媒介にして1本の「時間」の軸で...

news021.jpg

選挙の情報収集手段 10代はインターネットが7割、主婦はテレビが8割超
投票だよ、おっ母さん。わが国、そして世界のそこかしこで政治の季節を迎えつつある昨今...

news108.jpg

マーケティングオートメーション「ListFinder」、セミナー管理機能を追加
イノベーションは、B2Bに特化したマーケティングオートメーションツール「ListFinder」に...