2015年02月07日 09時00分 UPDATE
特集/連載

Boot Camp、Wine、仮想Windowsのメリット/デメリット徹底比較:MacでWindowsを実行する3つの方法

Mac OSデバイスでWindowsを実行する最良の方法は、パフォーマンス、オープンソースサポート、集中管理のどれが必要かによって異なる。

[Ric Getter,TechTarget]

関連キーワード

Mac | Windows | Oracle(オラクル) | VMware


tt_aa_6286.jpg

 MacでWindowsを実行したい理由はいくらでもありそうだ。「Mac専用とWindows専用のアプリケーションを実行する必要がある」という切実な理由もあれば、「単にAppleのiOSが好き」という理由もあるかもしれない。また、MacでWindowsを実行するのは、ウイルスだらけかもしれないWindows環境をいじる上でかなり安全な方法でもある。Macでは、Windowsの脅威とは全く無縁のファイルやOSが実行されているからだ。

 どんな理由であれ、同じマシンで両OSを動かす方法にはさまざまな選択肢がある。

AppleのBoot Camp

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

企業のネット炎上を疑似体験、ホットリンクが「働くひとのための炎上防災訓練」を販売
ホットリンクは、スタッフを起点としたネット炎上事案の防止を目指す危機管理プログラム...

news061.jpg

トレジャーデータが提供するデジタルマーケター育成の本格的なオンライン教材、その中身とは?
トレジャーデータはzero to oneと共同で開発した、デジタルマーケター育成のためのオンラ...

news046.jpg

モバイルニュースアプリの利用者数は4683万人――ICT総研調べ
モバイルニュースアプリ市場はここ数年で大きく拡大し、今後も利用者数の増加が見込まれ...