2015年02月12日 15時00分 UPDATE
特集/連載

「Windows Server 2012 R2」にアップグレードする重要性が増すWindows Serverのリモートデスクトップ、アップグレード時の注意点は

リモートシステムを管理する上で「Windows Server RDS」の重要性が増している。アップグレードの際には事前にどのような準備が必要なのだろうか。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]
tt_aa_kaigai.jpg

 リモートシステムの管理やトラブルシューティングを行う上で、Windowsのリモートデスクトップ機能の重要性が高まっている。IT担当者がシステムを1つずつ見て回るのが物理的に不可能な遠隔地のオフィスや多忙な職場であっても、「Windows Server」のリモートデスクトップサービス(RDS)機能を使えば、全体を一元的に管理できる。古いWindows Serverプラットフォームから最新の「Windows Server 2012 R2」にアップグレードする際には、RDS機能にも影響が及ぶ可能性がある。そこでサーバ管理者はアップグレード時にRDS機能をそのまま引き継げるよう、適切な措置を講じる必要がある。RDS機能をWindows Server 2012 R2に移行する際の5つの留意点を確認しておこう。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news130.jpg

広告事業に特化したRPA導入コンサルティングサービス、イー・ガーディアンが提供開始
イー・ガーディアンは、広告の入出稿に関わるランニングコストを人×RPAの力で大幅削減す...

news064.jpg

地方の訪日外国人観光客誘致、80%以上が対応――訪日ラボ調べ
訪日外国人の興味関心が地方都市へと広がる中、受け入れ側の対応はどのような状況なので...

news085.jpg

位置情報広告のジオロジック、LINE Venturesなどから総額1億円を調達
ジオロジックは、ジェネシア・ベンチャーズ、LINE Ventures、東急エージェンシーを引受先...