2015年02月13日 14時00分 UPDATE
特集/連載

週間記事ランキングMacでWindowsを実行したい、本気ユーザーにオススメはこれ

Mac OSデバイスでWindowsを実行する最良の方法とは? 直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。

[TechTargetジャパン]
jo_tt_150213_week.jpg

 今週最も多く読まれた記事は、「徹底比較:MacでWindowsを実行する3つの方法」でした。MacでWindowsを実行する代表的な方法には「Boot Camp」「Wine」「仮想Windows」の3種類があります。この記事ではそれぞれの特徴を解説しながら、メリットとデメリットを紹介しています。どの選択肢を選ぶかは何を重視するかで違ってきます。「パフォーマンスが最も確保できる方法を選びたい」「Windowsは持っていないがMacでWindowsアプリを稼働させたい」「集中管理できる体制にしたい」など、それぞれのニーズに応じた方法を探してみましょう。

 2位は「『Windows 10』よりも注目を浴びるSF的技術『Windows Holographic』の使い道」が入りました。「これまでで最高のMicrosoftのOS」との呼び声が高いWindows 10には、ビジネスユーザーの現実的なニーズに結び付いた新機能が数多く搭載されています。また、「SF的」という表現が当てはまる新機能も組み込まれています。高解像度のホログラム映像をサラウンドサウンド付きで見ることができるWindows Holographicです。新技術群を紹介したMicrosoftのWebキャストを見たIT専門家たちから最大の称賛を浴びた、この機能の概要を解説しています。

 3位にランクインしたのは、「イラスト年表で振り返る『Windows』 山あり谷ありの30年」です。Microsoftは2015年秋、Windows 10の出荷とともにWindows OSの誕生30年を迎えます。「Windows 1.0」が初めて出荷されたとき、マウスを使う操作に多くの批判的な声が寄せられたそうです。Windowsの30年の歴史をまとめたイラスト年表を用いて、Microsoftの技術的チャレンジを振り返ります。

 4位には「Windows 10プレビュー:タブレットユーザーから一言、言いたい」が入りました。「Windows 8」「Windows 8.1」を使ってきたWindowsタブレットユーザーの視点からWindows 10を検証する、というユニークな記事です。タブレットモードで使用した際の同OSの動作状況を詳細に検証しています。

 5位は「ゲーマーでなくても試したい『ゲーミングノートPC』のパーフェクトな実力」です。ゲームに利用することを前提に設計されたゲーム用ノートPCですが、実はゲームをしない人々にもお勧めできるという記事です。一般消費者向けのノートPCとゲーミングノートPCの違いを解説しながら、真面目な仕事をするための選択肢となり得ると評価しています。

 6位には「あなたが作ったモバイルアプリが使われない“やっぱりな理由”」がランクインしました。自社でモバイルアプリケーションを開発する際、何に気を付けなければならないか。それは社内のユーザーに支持されるかどうかだといえます。ユーザーの利用を促進する3つの方法を取り上げ、成功するアプリケーションを生み出すポイントを解説します。

 7位の「“ビジネス向けiPhone、iPad”の作り方、鍵は『iOS 8』導入」は、企業利用の拡大を目指して強化されたiOS 8の企業向け機能を紹介した記事です。モバイルデバイス管理(MDM)とセキュリティの両面にスポットを当てて解説しています。

 8位は「『Hyper-V』がLinux VM対応を拡張、新たに使える6つの機能とは?」です。米MicrosoftのHyper-Vの最新版では、Linux仮想マシンのサポートが拡張されています。Linux VMでの利用が望まれていた「動的メモリ」「ライブVMのバックアップ」などの機能を紹介しています。

 9位には「『Windows 10』の前に見直したい『Windows 8.1』の便利な小技」がランクインしました。今すぐ新しいWindows OSにバージョンアップしたいユーザーにとっては、2015年後半にリリースされるWindows 10まで待てないという方も多いでしょう。この記事では、Windows 8.1の機能や特徴をおさらいし、Windows 8以前にはなかった便利な機能を紹介しています。

 10位には「Androidタブレット向け“無料”『Office』登場、正式版はどこまで使える?」が入りました。Androidタブレット向け「Microsoft Office」が2014年11月、プレビュー版から正式版となり、Google Playから無料で入手できるようになりました。利用画面などを交えて紹介するとともにシステム要件、サポート状況を解説しています。

 興味を持たれた記事はありましたでしょうか。来週もお楽しみに。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...