2015年02月16日 10時00分 UPDATE
カスタムナーチャリング

徹底検証:次世代ファイアウォールが提供する「統合脅威管理」とは

もはやファイアウォールの機能は侵入検知のみにとどまらない。次世代ファイアウォールは、さまざまなセキュリティ機能を1台で提供する統合脅威管理製品に進化した。

[ITmedia]

 近年、ファイアウォールは侵入を防ぐだけにとどまらず、多様な機能を備えたセキュリティ製品として進化してきた。そして、次世代ファイアウォール製品は、さまざまなセキュリティ機能を1台で提供する統合脅威管理アプライアンスとして登場した。

 本資料では、次世代ファイアウォール「Dell SonicWALL」の機能やラインアップを紹介する。Dell SonicWALLは、L4ファイアウォール機能はもちろん、アプリケーションレベルでの可視化・コントロール機能、アンチウイルスやIPS、コンテンツフィルタリングなどのディープパケットインスペクション技術を利用した豊富なセキュリティ機能を1台で提供する。また、セキュリティとパフォーマンスの両立を実現し、小規模オフィスから大規模ネットワークまでカバーする製品をそろえている。資料では、Dell SonicWALLの多彩な機能や技術解説を図版や画面ショット交えて解説する。

ホワイトペーパーをダウンロードする
提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部

際限なく生まれてくるサイバー脅威を、包括的な対策で、より強固なセキュリティを実現
セキュリティ「7つの課題」と解決策標的型攻撃の実害を防ぎたいゼロデイ攻撃など未知の攻撃にも対処したい不正ログイン/なりすましを根絶したい社内スマホやPCを安全かつ効率的に管理したいセキュリティ対策を進めたいが、社内に人材もノウハウもない最新のセキュリティ動向を把握したい「Windows Server 2003」サポート終了で生じる危険に対処したい