Loading
2015年02月16日 10時00分 UPDATE
PR

ネットワーク製品導入に関する調査リポートSDNや無線LANに高い関心、読者調査から読むネットワーク担当者の課題

TechTargetジャパン会員を対象に、「ネットワーク製品の導入に関する読者調査」を実施した。本リポートでは、その概要をまとめた。

[ITmedia]

 TechTargetジャパンは2014年12月から2015年1月にかけて、TechTargetジャパン会員を対象に「ネットワーク製品の導入に関する読者調査」を実施した。調査結果から浮かび上がってきた課題は1にコスト、2にセキュリティ。技術面では40ギガビット/100ギガビットイーサネットの他、SDN(Software Defined Networking)やネットワーク仮想化に関連する技術への関心が高まっていることが見受けられる。無線LANに関しては新規格「IEEE 802.11ac」を導入した企業が1割弱を占めるなどの変化が見られる。本稿では今回の調査結果の一部を紹介する(全ての結果を記載したリポートは、文末のリンクから会員限定で閲覧可能)。

調査概要

目的: TechTargetジャパン会員で企業のIT製品・サービスの導入に関与する方を対象に、ネットワーク製品の導入状況について調査するため。

方法: Webによるアンケート

調査対象: TechTargetジャパン会員

調査期間: 2014年12月1日〜2015年1月20日

総回答数: 330件

※回答の比率(%)は小数点第1位または第2位を四捨五入し表示しているため、比率の合計が100.0%にならない場合があります。


 利用しているネットワーク製品やサービス、機能は「DNSサーバ」が58.8%でトップ(図1)。次いで「インターネットVPN」(55.8%)、「DHCPサーバ」(53.3%)が半数を超え、以下「VLAN」(34.8%)、「IP-VPN」(34.5%)などが上位を占めた。インターネットを利用する上で基本となる技術、そのインターネットを経由して社内のネットワークに接続するための技術への投資が進んでいることがうかがえる。「広域イーサネット」や「回線の冗長化」も3割に迫った。

図 図1 利用しているネットワーク製品やサービス、機能《クリックで拡大、以下同じ》

コストが最重要課題だがSDNなど新技術への関心は高い

 ネットワークを運用する上での課題については「構築・運用コストが高い」が33.9%で最多だった。2位に「セキュリティ対策が不十分」(29.4%)、3位に「運用管理や障害監視などの機能が不十分」(27.3%)が続いた。ITインフラの中でもネットワークの分野はとりわけ「つながって当たり前だ」と考えられがちだ。経済状況やインシデントの傾向などに左右される面もあるだろうが「守りの投資」に傾倒するのは否めない。

図 図2 ネットワークを構築・運用する上での課題

 一方、今後導入を検討・予定している、または関心があるネットワーク最新技術としては、「40ギガビット/100ギガビットイーサネット」が28.8%とトップを占める他、SDNやネットワーク仮想化関連技術への関心が高まっているようだ。具体的には「OpenFlowではないSDN技術」が22.1%、「VXLAN、NVGREなどの仮想ネットワーク技術」が20.9%。「OpenFlow」もホップバイホップ型が19.4%、オーバーレイ型が18.8%となり、いずれも前年の結果を大きく上回る。これらの技術は運用コスト削減やセキュリティの面で、もちろん大きなメリットがあるが、迅速かつ柔軟なネットワークを構築し、事業の武器になり得るものだ。新しい技術への高い関心はIT投資を守りから攻めの姿勢に転じるきっかけになるのかもしれない。

図 図3 今後導入を検討・予定している、または関心があるネットワーク最新技術

進むIEEE 802.11ac導入

 調査では、無線LAN環境についても尋ねた。「導入している無線LAN機器の規格」については「IEEE 802.11g」が最多で50.0%を占めた。次いで「802.11n」が43.6%、「802.11a」が40.0%、「802.11b」が33.3%だった。次世代規格「802.11ac」も、IEEE(米電気電子技術者協会)が承認した「Wave 2」仕様のネイティブ製品を待たずして、9.7%と着実にシェアを伸ばしている。スマートデバイスの普及で企業内の無線LAN需要は増大しているが、一方で有線LANにはない課題も生じている。詳細は調査リポートの完全版に譲るが、今回の調査でも、運用にまつわる担当者の苦悩が垣間見られる。

図 図4 導入している無線LAN機器の規格

 以下ページでは回答者の詳細な属性、各種製品の導入意向など、本稿で紹介できなかった内容も含めた調査リポートの完全版を提供している。詳細なアンケート結果が無料ダウンロードできるので、ぜひ確認していただきたい(TechTargetジャパン会員限定)。

提供:Ipswitch, Inc.、日本電気株式会社、ネットワンパートナーズ株式会社

提供:Ipswitch, Inc.、日本電気株式会社、ネットワンパートナーズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部