Loading
2015年03月24日 10時00分 UPDATE
PR

デル株式会社提供Webキャストハードウェア管理をシンプルにする「コンバージドインフラ」の実力

「融合」を意味するコンバージドという単語が、ITインフラと結び付いた「コンバージドインフラストラクチャ」という概念が注目されている。仮想化とクラウド活用による管理業務の負担増に悩むIT部門には朗報だが、その実態とはどのようなものだろうか。

[ITmedia]

 コンバージドインフラストラクチャは、サーバとストレージ、そしてスイッチなどのネットワーク関連機器を1つのハードウェアにまとめたインフラを指すことが多い。近年、さまざまな関連製品が市場に出てきたが、ハードウェア構成をシンプルにし、管理業務を簡便にするというメリットで共通している。

 仮想化によるサーバ集約は、ITコストを低減させたが、同時に管理業務の負担は増えた。サーバやネットワークが仮想化されても、企業のシステム用途はさまざまで、ワークロードが複数存在していることに変わりはないのだ。これらワークロードの種別ごとにハードウェアが設置されている状況で、仮想環境やクラウドの管理は簡単な話ではない。

 本コンテンツは、次世代のコンバージドインフラに対応したハードウェアによって管理業務がシンプルになることを具体的に解説する。また、これらを使用してコンパクトなデータセンターを構築する手法を紹介している。


logo

Intel、インテル、 Intel ロゴ、 Intel Xeon、Intel Xeon Inside は、アメリカ合衆国および /またはその他の国における Intel Corporation の商標です。その他の社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

最新のインテル Xeon プロセッサー E5-2600 v3製品ファミリーは、新しいエンタープライズ・アプリケーション、科学技術計算、通信、ストレージ、クラウドなど、さまざまな用途に、性能、電子効率、仮想化、セキュリティの面で大きなメリットを提供し、IT部門の課題解決を支援します。CPUのコア数は最大18コアまで対応し、性能はAVX2により最大90%向上、また、メモリの帯域幅は最大50%拡張しており、CPUコアごとの電力制御も可能です。