Loading
2015年02月20日 10時00分 UPDATE
PR

見えにくかったソフトウェアの品質を見える化セキュリティ対策に品質向上、厳しい対応が求められるソフトウェア開発現場を救うには?

市場環境の変化などを背景に、ソフトウェア開発の現場にはスピーディな開発が求められている。一方で、バグや脆弱性の少なさ、ライセンス順守など総合的な品質の確保も重要な課題だ。この2つを両立するには?

[TechTargetジャパン]

早さと品質――相反する2つのニーズをどう実現?

 今や情報システムとそれを形作るソフトウェアは、単にビジネスの効率を向上させるツールにとどまらない。コンシューマー向けサービスを提供する企業はもちろん、それ以外の分野でも、モバイルデバイスやクラウドといった新たな要素を取り込むことが、市場環境の変化に追随して収益を生み出す企業の競争力の源泉となっている。こうした要請から、スピーディなソフトウェア開発を可能にする手法として「アジャイル開発」や「DevOps」といったキーワードに注目が集まってきた。

 ただ、いかにスピーディに開発できても、バグだらけのソフトウェアでは意味がない。当たり前だが、一定の品質を保つことも欠かせない条件だ。そのために、さまざまなソフトウェアマネジメント工学が研究され、コーディングやテストに関するベストプラクティスが蓄積されてきた。

 しかし、いくら優れた理論があっても、現実はそううまくいくとは限らない。頻繁な仕様変更とスケジュールに追われる現場では、残念ながら理論よりも現実的な対応の方が優先されることがある。これは開発の現場が長年抱えてきた課題といえるだろう。この相反するニーズをどう満たせばいいのか。解決策を示そう。

提供:株式会社オージス総研

提供:株式会社オージス総研
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部