2015年02月20日 08時00分 UPDATE
特集/連載

これからも円滑に運用するためのノウハウを紹介Windows 7のメインストリームサポート終了、不安なら試したい4つの方法

「Windows 7」ではMicrosoftと有料の延長サポート契約を結ぶこともできる。だがセキュリティなどの機能を考えると「Windows 8」「Windows 10」の方が魅力は増している。

[Kim Lindros & Ed Tittel,TechTarget]

関連キーワード

Windows 8 | Windows 10 | Windows 7 | 脆弱性


jo_tt_150220_sec1.jpg

 「Windows 7」のメインストリームサポートが2015年1月13日(米国時間)で終了し、まだWindows 7のメンテナンスを必要とするIT管理者に多大な不安が生じている。幸いなことに、セキュリティの観点からはほとんど心配は不要だ。米Microsoftは今後数年の間、延長サポートを通じてWindows 7のセキュリティ問題の修正を続けるからだ。

 だが同OSの新機能については更新版の提供が打ち切られ、もし必要とする場合はMicrosoftと有償技術サポート契約を結ばなければならない。Windows 7を円滑に運用し続けるためのノウハウを以下に紹介する。

Windows 7のセキュリティ情報をチェックする

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news042.jpg

訪日外国人観光客が礼賛、おもてなし力が高い日本の都市トップ10――Airbnb調査
訪日外国人旅行者の目的が体験型消費に移行しつつあるといわれる中、どのような都市が高...

news033.jpg

Facebook日本進出から10年、個人情報不正利用問題が広告事業に与える影響は?
Facebook日本進出10周年に当たり、フェイスブックジャパンは記者向けの説明会を開催。気...

news114.jpg

LINE、QRコード読み込みで即時抽選ができる店頭販促支援サービス「LINEインスタントウィン」を提供
LINEは、「LINE」を活用した店頭販促ソリューション「LINE SP Solutions」の新メニューと...