2015年03月03日 12時00分 UPDATE
特集/連載

「EFSS」でさらば勝手クラウド「企業向けファイル同期/共有」でIT担当者は悪夢から覚めるか

理想的な企業向けファイル同期/共有(EFSS)製品の提供に向けて、ベンダーが歩みを進めている。大半の企業は、従業員の生産性向上によってEFSSへの投資を回収できるだろう。

[Matt Schulz,TechTarget]
tt_yo_2015_0303.jpg

 企業向けファイル同期/共有(EFSS)製品を使えば、企業と従業員は、ほぼ例外なく恩恵を受けることができる。

 多くの従業員が使用している消費者向けクラウドサービスの代替としてEFSSシステムを導入するかどうか。この判断を下す際、IT担当者は多くの要因を考慮しなければならない。EFSSを導入するメリットが、新システムの導入と管理に掛かるコストを上回るのかを判断する必要がある。その他にも、セキュリティやEFSSシステムにアクセスするエンドポイントの管理方法という課題もある。

EFSSのメリットとデメリット

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news062.jpg

ランドスケイプの企業データベース「LBC」がマーべリックのDMP搭載型DSP「Sphere」と連携
ランドスケイプは、同社の企業データベース「LBC」がマーベリックのDMP搭載型DSP「Sphere...

news068.jpg

ジーニー、CRM/SFAシステム「ちきゅう」を会社分割契約により事業承継
ジーニーは、ちきゅうが提供する中小企業向けCRM/SFAシステム「ちきゅう」の開発・販売...

news066.jpg

電通、広告統合プランニング・効果検証ツール「STADIA OOHプラス」(β版)を開発
電通は、テレビ広告とインターネット広告の統合プランニングを実現する「STADIA」の機能...