Loading
2015年03月05日 10時00分 UPDATE
PR

オンプレミスとクラウドのハイブリッド環境を一元管理「ハイブリッドクラウド=運用管理の複雑化」を払拭する製品選定のポイントとは

オンプレミスとクラウドが混在したハイブリッドクラウドが注目を集めている。だが、複雑かつ煩雑になりがちなその環境をいかに効率良く運用管理していくかが大きな課題となっている。

[TechTargetジャパン]

 仮想化やクラウドといった新たなIT環境が浸透するにつれて、企業におけるITシステムの運用管理業務はますます複雑かつ煩雑なものとなっている。また、IT予算の大半が運用や保守に費やされている中、IT部門はいかに効率良くシステムを運用管理していくかが大きな課題となっている。

 特にクラウドの普及がこの流れに拍車を掛けている。業務システムにクラウドを積極的に導入する企業が多くなった結果、オンプレミス/プライベートクラウドとパブリッククラウドが混在したハイブリッドクラウド環境を構築する事例が増えてきている。

 それに伴い、ハイブリッド環境の効率的な運用管理体制をどうやって構築するかという新たな課題も見えてきた。オンプレミスとクラウドが混在している環境においては、個々の運用管理ツールが分断され、ツール間の連係もうまく取れないというケースも少なくない。このような状況では、システム全体を俯瞰的に見渡して、全体最適の観点から運用の効率化を図ることもままならない。

 本稿では、そうしたシステムの大規模化に伴う運用管理業務の効率化にいち早く取り組み、そこから得たノウハウを体系化して社外向けサービスに提供している事例を紹介しよう。

提供:ソフトバンク・テクノロジー株式会社

提供:ソフトバンク・テクノロジー株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部