2015年03月17日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Computer Weekly製品導入ガイドマイクロデータセンターで解決できるIT問題

必要な機能をコンテナに集約した小型データセンターシステム「マイクロデータセンター」には、従来のデータセンターや大型のモジュール式データセンターにはない魅力がある。

[Clive Longbottom,Computer Weekly]
Computer Weekly

 マイクロデータセンター(MDC)はコンテナ型のモジュール式小型データセンターシステムで、従来型の設備や大型のモジュール式データセンターでは処理できないさまざまなワークロードに対応する。

Computer Weekly日本語版 3月4日号無料ダウンロード

16237.gif

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 3月4日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。


 平均的なコンテナ型データセンターは、40フィートの輸送コンテナに数十台のサーバと数千の仮想マシン(VM)を格納する。これに対し、MDCの19インチのコンテナ1台が格納するサーバは10台未満で、VMは100に満たない。コンテナ型データセンターと同様に、MDCもセキュリティシステムと冷却システムを内蔵し、耐水、耐火機能を備える。

 MDCのサイズと多用途性、プラグ&プレイ機能は遠隔地での利用や一時的な導入、さらには洪水や地震のリスクが高い地域に一時的な拠点を置く業務に適している。石油タンカーに搭載してストレージやコンピューティング機能を提供するミニデータセンターとして使うことも可能だ。

 業界ではモジュール式やコンテナ型のサーバ利用が増えている。Microsoftのような組織も各種のアプローチを組み合わせて使っている。

 企業は、何台ものサーバとストレージ、ネットワーク機器で構成され、調達と導入、メンテナンスを要する従来型のデータセンターを離れて、こうした設計済みでフル機能を装備したシステムにメリットを見いだすようになっている。

 こうしたシステムには多様な形式がある。旧来の観点で見たシステムといえば、自前のコンピューティング機能とストレージ機能を搭載し、ネットワークインタフェースカード(NIC)でシステムを外の世界に接続するメインフレームやミニコンピュータになるだろう。より現代的なアプローチは、Ciscoの「UCS」、VCEの「Vblock」、Dellの「Active System」のようなコンバージド(垂直統合型)システムを利用する。こうしたシステムは統合や組み立てが完了しており、既存のデータセンターにすぐ導入して使用できる。ただし必要なスペースや電力、冷却装置が確保できることが前提だ。

 もう1つの導入方式であるコンテナ型システムは、必要な設備を標準的な輸送用コンテナに全て詰め込んだもので、電源につなぐだけで(場合によっては水も必要)運用できる。それ以外は自己完結式で、役割を終えれば、またはその業務用には機能が不十分になれば、比較的簡単にシステムから切り離して交換できる。

 ただし、こうしたオプションがあらゆるニーズに適合するとは限らない。これらは全て、大企業向けだ。しかし、多くの中堅・中小企業もまた、特定のデータセンター設備がなくてもスタンドアロンのプラットフォームとして使えるシステムをもっと簡単に調達し、運用したいと思っている。大企業でも、より物理的なワークロードを実行したり、情報セキュリティなどの理由からアプリケーションを他のプラットフォームから隔離したりできる固有のシステムを必要としているかもしれない。

 標準的なラックやコンバージドシステムでは提供が難しい機能を標準的なラックマウント環境に追加して、自己完結型プラットフォームを作り出すのがMDCの概念だ。これは、コンテナ型システムでは大きすぎたりコストが掛りすぎたりする場面に適している。

 RittalやASTmodularなどがこの分野を手掛けている。ASTmodularのMDC「Smart Bunker」は、42Uラックで85のVMをホスティングできる。新製品のMDCはさらに小型で、23Uサイズを1台のラックに格納した。

オプション

 各システムは熱管理や断熱、低コスト電力管理機能を備えたセキュアな設計になっている。多くはオプションとして、外部の火災や洪水に備えた機能、システム管理者や機器交換のための入室用の生体入室管理システム、さらにはシステムを破壊しようとする動きや設置場所から動かそうとする動きをなどを完全監視する機能を提供する。

 標準的な19インチラックをベースとしていることから、こうしたMDCは、通常のデータセンターで一般的に見られるどんなIT機器も格納できる。ただし特定のタスクをこなすために事前設計して届けるのがMDCの理念だ。

 例えばASTmodularの「Smart Data Safe」は高いセキュリティ機能を備えたワンボックス型NASシステムで、火災、洪水、盗難、破壊、電磁パルスに耐え得るデータセキュリティを提供する。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news094.jpg

GMO TECH、スマーフォン用動画広告作成プラットフォームを提供開始
GMO TECHはShakr Mediaと提携し、スマートフォンアプリのPR動画広告の作成に特化したPR動...

news110.jpg

野村総合研究所、デジタル領域に特化した新会社「NRIデジタル」を設立
野村総合研究所は、デジタルビジネスを専門とする「NRIデジタル」をを2016年8月1日付で設...

news140.jpg

マーケティングオートメーションを活用してDMを自動発送、博報堂DYメディアパートナーズなど3社で提供
博報堂DYメディアパートナーズとブレインパッド、福島印刷の3社は、マーケティングオート...