2015年03月20日 12時00分 UPDATE
特集/連載

機能強化に向けた人材を獲得DockerがSDN企業買収でネットワーク機能強化、競合の反応は?

米Dockerによる米SocketPlaneの買収で、コンテナ型仮想化技術の拡張性が大幅に向上し、企業にとってハイパーバイザーに代わる選択肢としての魅力がさらに高まるものと期待される。

[Antone Gonsalves,TechTarget]
tt_aa_kaigai.jpg

 オープンソースのアプリケーションコンテナを開発する米Dockerが、SDN(Software Defined Networking)企業の米SocketPlaneを買収したことで、米VMwareなどの企業が開発するハイパーバイザーに代わる選択肢の開発に拍車が掛かりそうだ。

 一方、米Red Hatは2015年3月初め、Dockerのコンテナ型仮想化技術に対応したOS「Enterprise Linux Atomic Host」のバージョン7.1をリリースした。

買収の狙い

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

Appleは今でもイケてるブランドか? 調査とデータで考察する
ビジネスパーソンの人的ネットワークから日本人の国語に関する意識変化、ウェアラブル端...

news101.jpg

セールスフォース・ドットコム、SalesforceにAI機能を組み込む「Salesforce Einstein」を発表
セールスフォース・ドットコムは、Salesforceのクラウドサービスに人工知能(AI)を組み...

news077.jpg

日本の複数デバイス利用ユーザーの半数は4台以上持ち──クロスデバイス利用動向調査
Appierは、アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査の日本版の調査結果を発...