2015年03月25日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「WYOD」で必要なセキュリティ対策をチェックこれを守るならウェアラブル端末を仕事で使ってOK、「セキュリティ対策7カ条」

自分が持っているウェアラブル端末を会社でも使いたい――。従業員からのこうした声が高まる前に、企業が検討すべき主要なセキュリティ対策7種を紹介する。

[Lisa Phifer,TechTarget]
tt_tt_WYOD_01.jpg

 ウェアラブル端末の職場への普及が予想される中、IT管理者にはウェアラブル端末の業務利用について、管理やセキュリティ対策の観点から検討することが求められている。ウェアラブル端末を導入すれば、ハンズフリーかつポータブルなアプリケーション体験を従業員に提供できる。営業や外勤社員が多い企業、医療や製造といった業界では、すぐにもウェアラブル端末の採用が広がる可能性がある。

 企業のモバイル端末活用を支援する製品分野には、エンタープライズモバイル管理(EMM)や無線LAN、無線侵入防止システム(WIPS)などがある。こうした分野のベンダーが、ウェアラブル端末向けのモバイルポリシーや端末の設定、アラート機能などを完全に実現するには、ウェアラブル端末の性質上、時間がかかりそうだ。

 とはいえ、ウェアラブル端末の管理とセキュリティ対策には、既存の製品/サービスも大いに役立つ。IT部門はまず、私物ウェアラブル端末の業務利用(WYOD: Wear Your Own Device)戦略の策定で有利なスタートを切る必要がある。戦略策定に役立つ7つのポイントを紹介しよう。

「iPad Air 2 Wi-Fi 16GB」、読者プレゼント実施中!

iPad Air 2

TechTargetジャパンは、代表的なオフィススイートであるMicrosoftの「Microsoft Office」関連の記事を集約したテーマサイト「iPhone、iPad、Android版登場で何が変わる? あなたがきっと知らない『Microsoft Office』の世界」を開設しました。本テーマサイトの開設を記念して、米Appleのタブレット「iPad Air 2 Wi-Fi 16GB」(色はゴールド)を抽選でプレゼントします。


WYODを成功に導く7つのポイント

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

電通と日本マイクロソフト、視線検知を活用した人工知能型屋外広告を提供開始
電通と日本マイクロソフトは、リアルタイムオーディエンス分析と視線検知によるインタラ...

news085.jpg

ぴあ、「PIA DMP」とGoogle「DoubleClick Bid Manager」を連携したコンサルティングサービスを提供
ぴあは、DMPサービス「PIA DMP」において、Googleが提供するデジタル広告プラットフォー...

news075.jpg

KPIの到達可能性をAIが判断して広告配信を自動最適化、マイクロアドが「UNIVERSE FFM Version1.0」を提供
マイクロアドは、「UNIVERSE フルファネルマネジメント Version1.0」を提供開始した。