2015年03月26日 08時00分 UPDATE
特集/連載

欧米の最新事例と日本の動向を解説SiemensやBMWの先進事例に学ぶ、ビッグデータ活用の勘所とは

さまざまな業界でビッグデータの活用が進んでいる。ビッグデータを活用して、ビジネス上の課題解決やビジネス価値の創出、迅速な意思決定を実現しようというのだ。では実際、どのようにして進んでいるのだろうか。

[藤本和彦,TechTargetジャパン]
0325_kf_teradata_190.jpg

 金融業、小売業、製造業、通信業など、さまざまな業界でデータの活用が進んでいる。大容量かつ多種多様なビッグデータを活用することで、ビジネス上の課題解決やビジネス価値の創出、迅速な意思決定を実現しようとしているのだ。では、実際に企業はどのようにしてデータの活用に取り組んでいるのだろうか。

 本稿では、「Teradata Universe Tokyo 2015」で来日した米Teradata 共同社長のハーマン・ウィマー氏、日本テラデータ 代表取締役社長の吉川幸彦氏の会見から、欧米と日本の最新事例と動向を紹介する。

欧米で広がる“データドリブン経営”を実現する企業

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...