Loading
2015年03月31日 10時00分 UPDATE
PR

デル株式会社提供WebキャストTips伝授、「Adobe Creative Cloud」で制作作業効率をアップする方法

最新版の「Adobe Creative Cloud」には、コンテンツ制作作業がはかどる新機能が多数搭載されている。アドビシステムズのエバンジェリストが、Adobe Photoshop/Adobe Illustratorを中心に新機能とTipsを伝授する。

[TechTarget]

 企業の制作担当やデザイナーにとって必須のツール「Adobe Photoshop(以下、Photoshop)」「Adobe Illustrator(以下、Illustrator)」だが、今使用しているバージョンで問題ないから、と最新版にアップグレードしないケースも多々見られる。だが、最新版のPhotoshop、Illustratorを含む「Adobe Creative Cloud(以下、Creative Cloud)」には、作業効率アップに欠かせない新機能が多々追加されているのだ。

 本コンテンツでは、アドビシステムズのエバンジェリストが、PhotoshopやIllustratorの最新版を使いこなすための“目からウロコ”の新機能とデザインTipsを紹介する。今すぐコンテンツ制作に役立つテクニックが、実際に作業画面を動画で確認できるので、分かりやすい。また、Creative Cloudのストレージサービスや他のアプリケーションソフトの効果的な使い方についても伝授する。

 併せて、Creative Cloudへの移行に当たり、留意すべき3つのポイントを整理して解説、購入方法とともに紹介する。また、大容量データを扱うCreative Cloudに適したワークステーションのラインアップと機能についても説明。簡易な編集から本格的な活用、持ち出し用など用途に合わせた推奨製品も紹介する。

提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部