Loading
2015年04月03日 10時00分 UPDATE
PR

企業が本当に求めるハイブリッドデータマネジメントを提供クラウド、オンプレミスを適材適所で使い分け “ハイブリッド”環境構築のキモとは?

“データ爆発”ともいわれるほど企業が扱うデータ量が増える中、クラウドの活用を検討する企業が増えてきた。クラウド活用の成功のカギを握るのがデータ管理。注目のソリューションを紹介する。

[TechTargetジャパン]

 クラウドを前提にシステムを構築・運用する動きが広がってきた。その際に重要なのが適材適所での使い分けだ。リソースを迅速かつ柔軟に利用したい場合はクラウド、イントラネットに制約を受けるシステムがある場合はオンプレミスといったように、システムの種類やワークロード、利用シーンに応じて使い分けることでシステム利用の効果はより高まる。適材適所でクラウドとオンプレミスを使い分けるアプローチは「ハイブリッドクラウド」のキモといえるものだ。さらに、クラウドをIT戦略に組み込むことで、ビジネスの対応力、柔軟性、拡張性を獲得し、企業の競争力優位の源泉にもなる。

 こうした使い分けをデータマネジメントの観点から見たのが「ハイブリッドデータマネジメント」だ。クラウドとオンプレミスに適したデータ管理の在り方を探り、それに適した方法でデータを管理していくアプローチということができる。近年では、企業が取り扱うデータ量が爆発的に増え、従来のようなデータ管理のアプローチが通用しないケースが増えてきた。そんな中、ハイブリッドデータマネジメントの重要性は日に日に増している。企業が取り組むべき、最適なハイブリッドデータマネジメントを探る。

提供:アバナード株式会社

提供:アバナード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部