Loading
2015年04月06日 10時00分 UPDATE
PR

デル株式会社提供ホワイトペーパーアデランスが頭皮形状の型取りを3Dデータ化、“激重データ”をグリグリ運用できるわけ

アデランスではオーダーメイドウィッグを作製する際、これまで特殊樹脂を使って顧客の頭皮形状を型取りしていた。この作製工程の日数およびコスト削減のために、同社は3D型取りシステムを導入する。3Dデータという巨大データを現場で問題なく運用するために同社が選んだデバイスとは?

[ITmedia]

デルがお勧めするWindows 8 pro

 1968年の創業以来、国内のリーディングカンパニーとして総合毛髪関連事業の発展に貢献してきたアデランスは、ウィッグの製造販売、育毛・増毛サービス、ヘアトランスブランド事業などのサービスをグローバルに展開している。

 そのような取り組みの中で、最も大きなチャレンジとなっていたのは、オーダーメイドウィッグ作製のデジタル化および3D化だ。国内ウィッグ販売の主力製品であるオーダーメイドウィッグは、従来はフィッターと呼ばれる特殊樹脂製の丸い板を温めて柔らかくし、ユーザーの頭部にフィットするように型を取っていた。型取られたフィッターは、航空便などを利用してタイやフィリピンなどの海外生産工場に送られ、ウィッグが作製されていたのである。

 このオーダーメイドウィッグ作製工程の日数およびコスト削減、情報共有効率化に向けて、頭部形状をレーザースキャンして3D化する型取りシステムを導入した同社。しかし全国の店舗に順次導入していくためには、3Dデータをスムーズに操作できるデバイスが必要だった。複数製品を比較検討の上、同社が選んだデバイスとは? 全国店舗に594台導入し、3D型取りシステムをスタートさせた同社の取り組みを追う。