2015年04月10日 12時00分 UPDATE
特集/連載

仮想化構築の第一歩2015年、「失敗しない仮想化技術選び」の答えは“コンバージド”?

社内で仮想化を計画しているが、多くの要素があって混乱する。仮想化への第一歩として、どのようなポイントを考慮して計画を進めればよいかを紹介する。

[Nirmal Sharma,TechTarget]
tn_tt_vm.jpg

 仮想化設計を計画する際は、ハードウェアからハイパーバイザーまで、多くの要素(レイヤー)を考慮しなければならない。本稿では、仮想インフラのさまざまなレイヤーを検討するとともに、どのように製品を選択し、自社環境を設計するかの指針を提供し、新たな仮想化の進め方を見ていく。

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

大日本印刷とSMN、丸善ジュンク堂書店が保有する書誌データなどを活用した広告配信プラットフォームで協業
大日本印刷が、グループの丸善ジュンク堂書店、ハイブリッド型総合書店hontoの「本の通販...

news090.jpg

広告コミュニケーションを「ヒアリングファースト」で一方向から双方向へ
「Forbes 30 Under 30 Asia」に選出された気鋭の起業家の目に映る次世代の広告体験とはど...

news022.jpg

Webアナリティクス、日本の市場規模は米国の14%以下
他社はどのツールを導入しているのか。営業インテリジェンスデータサービス「Datanyze」...