2015年04月14日 08時00分 UPDATE
特集/連載

事例や課題を整理コマツやAmazon、Googleも注目 「ドローン」はビジネスにどう生きるのか?

コンシューマーの間で利用が広がりつつある小型無人飛行機「ドローン」。そのビジネス活用を模索する動きが現れつつある。ドローン活用の現状と、その課題を整理する。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]
写真 セミナーでは実際にドローンを操作する体験会も開催した

 小型無人飛行機「ドローン」をビジネスに利用する機運が高まっている。備え付けの小型カメラを使い、上空からの映像を手軽に撮影できることから、コンシューマーの利用が広がりつつあるドローン。その可能性に注目し、米Amazon.comや米Googleといった海外企業だけでなく、コマツをはじめとする国内企業がドローンの活用を相次ぎ表明している。

 ドローンへの注目が集まっている理由とは何か。ビジネス活用を進める上での課題とは。2015年3月開催のセミナー「ドローンの可能性を探訪しよう」で講演した、ドローンのビジネス活用に詳しい玉川大学 小酒井 正和准教授の講演内容を基に解説する。

国内外でビジネス利用広がるドローン

ITmedia マーケティング新着記事

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...

news056.jpg

デジタル投資の意思決定、キーパーソンはCFOに――アクセンチュア調査
アクセンチュアの最新調査によると、企業のデジタル投資に関する意思決定でCFO(最高財務...