Loading
2015年04月17日 10時00分 UPDATE
PR

デル株式会社提供ホワイトペーパー“完璧”なワークステーションを決める5つの要素とは

PCでは実現できない高い生産性を提供するワークステーションは、CGやCAD、さらにシミュレーション作業や映像制作などのプロフェッショナル業務を支えている。ハイレベルなパフォーマンスと信頼性が求められるワークステーションの選定ポイントとは?

[ITmedia]

デルがお勧めするWindows 8 pro

 アニメーションの現場では、1000万本の毛が生えた1頭のオオカミを5秒間登場させるために、10人のスタッフが4〜6週間にも上る作業を行うという。このような業務ではワークステーションの存在が欠かせない。高性能PCよりもさらに数倍のスループット性能を持つCPUや、プロ仕様のGPUなどが膨大な作業量を大幅に削減し、より緻密な映像制作が可能になる。

 ワークステーションは3次元CGやCAD、シミュレーション作業を必要とする製造業などに広く導入されているが、正しい製品選定を行えば、業務効率化に加え、ROIを高め、TCO削減を進めることができる。ポイントとなるのはパフォーマンス面だけではなく、メンテナンスコストを最小化する能力や高機能のソフトウェアを提供するISVの認定を受けているかといった信頼性だ。

 本資料は、デルのワークステーションをユーザーの声も交えながら、電子カタログ形式でさまざまな角度から解説したものだ。メモリエラーの削減など注目の機能紹介に加え、正しいワークステーション選定のための5つの要素を説明する。資料は必要な項目にジャンプしたり、自動ページめくりなど便利な機能が備わっている。PDF化やダウンロードもできるので、ワークステーション選びの参考資料として活用してほしい。