2015年04月20日 20時35分 UPDATE
ニュース

NEWS1分単位で利用できる通訳サービス ブレインプレスが発表

円安やビザの拡大で増加している訪日外国人。同時に、多言語サービスの需要が増えている。ブレインプレスは、こうした需要に対し、1分単位で使えるクラウドベースの通訳サービスを発表した。

[中尾太貴,TechTargetジャパン]

関連キーワード

クラウドサービス | タブレット


 ブレインプレスは1分単位で使えるビデオ通訳サービス「エコノミー通訳」を2015年7月に提供開始する。同サービスはクラウドベースのサービスであり、Webブラウザが使える環境であれば、クライアントPCやタブレットなどのマルチデバイスで使用可能だ。

 エコノミー通訳は、下記の6カ国語の通訳サービスを用意する。

  • 日本語
  • 英語
  • 中国語
  • 韓国語
  • スペイン語
  • ポルトガル語

今後は、ベトナム語やタイ語、インドネシア語などの通訳サービスも提供する。

 同サービスの利用料金は未定だが、通訳1分当たり120円となる見込みだ。また、下記のWebブラウザで利用できる予定だ。

  • クライアントPC:Internet Explorer 11.0以降、Safari最新版
  • iOS:Safari最新版
  • Android:Google Chrome最新版

 エコノミー通訳は、Webブラウザを使うビデオ通話の他に、別途オプションで固定電話やフィーチャーフォンの回線を使った音声通訳にも対応する。

 ブレインプレスは、エコノミー通訳のターゲットとして、円安やビザの拡大で増加している訪日外国人を接客する観光業や外食産業、小売業などを想定する。初年度利用ユーザー数5000人を見込んでおり、2020年までに世界ユーザー数50万人を目指す。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

伊藤忠テクノソリューションズ藤岡良樹氏が語る、老舗大手SIerにマーケティングが必要になった理由
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...

news085.jpg

スマートスピーカー対応の広告配信ネットワークを構築して音声広告配信、博報堂DYメディアパートナーズなど3社
博報堂DYメディアパートナーズなど3社は、スマートスピーカーなどで提供されるニュースコ...

news012.jpg

スマホネイティブの情報収集行動は「スクショ」「いいね!」――博報堂調べ
「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」の結果が発表されました。スマートフォンの...