Loading
2015年04月30日 10時00分 UPDATE
PR

3D CAD、4Kクオリティの映像制作に対応これぞワークステーション、専門業務を支える高性能と信頼性を実現するPCとは?

設計、試作の3D化や映像制作の高クオリティ化によって現場で求められる作業用コンピュータの要件も変化している。必要なのは高性能と高信頼を誇るワークステーションだ。

[TechTargetジャパン]
ik_tt_ts00.jpg インテル® Xeon® プロセッサー

 製造業の開発現場は、3Dプリンタの登場によって大きく変化している。CADで作った3Dデータをそのまま3Dプリンタで出力し、それをそのまま試作モデルとして検討に入るといったスタイルが登場している。設計段階の3D化はかなり前から実現しているが、試作段階では紙に出力し、検討作業が行われていた。3Dでの試作が可能になることで、試作段階で問題点の認識が行いやすくなるため、従来に比べ、早いスピードで試作から製造まで進めることができる。

 同じように制作現場が大きく変化しているのが映像制作やゲーム制作の現場だ。CS局で4Kの試験放送が始まり、4Kテレビ、PC用4Kモニターが増えていることで、4Kクオリティのコンテンツが求められている。

 こうした変化によって、制作現場ではハイパワーのコンピュータが注目を集めている。製造業、映像制作現場などコンピューティングパワーが求められる現場で使われるマシンとはどのようなコンピュータなのか。その要件を探る。

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabook は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。
提供:レノボ・ジャパン株式会社

提供:レノボ・ジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部