Loading
2015年04月30日 10時00分 UPDATE
PR

PCの名門だから生み出せる価値がある“レジェンド”「ThinkPad」のタブレットと2 in 1がビジネスに最適な理由

市場にはコンシューマーとビジネスの両方を1つの製品でカバーするタブレットや2 in 1も少なくないが、業務に最適化して作り込まれた「ThinkPad」シリーズから選択すれば、よりスムーズな導入と運用管理が行えるだろう。

[TechTargetジャパン]

企業導入が進むタブレット、1台2役の2 in 1にも注目

ge_tt_corem01.jpg インテル® Core™ M プロセッサー搭載

 ここ数年でタブレットの企業導入が急速に進んでいる。ノートPCに比べて薄く軽いタブレットは身軽に持ち運ぶことができ、必要があればサッとスマートに取り出して、いつでもどこでも画面に触れて直感的に操作が可能だ。商談では回覧できる薄型軽量ディスプレーとしてコンテンツやソリューションを魅力的に映し出し、ペン機能を生かした契約書のサインまでペーパーレスでこなせるなど、営業成績向上への貢献も認められている。

 そして、最近タブレットとともに注目を集めているのが、「2 in 1(ツーインワン)」と呼ばれる新型のデバイスだ。タブレットPC本体に専用のキーボードドックを合体するなどして、タブレットのメリットに加え、ノートPC並の性能や機能、接続性、キーボードを中心とした優れた入力環境なども提供する。

 例えば、端末の携帯性を重視しつつも、写真や動画の編集など処理性能が必要な業務、あるいはキーボードによる入力を多用する業務では、タブレットとノートPCを兼ねる2 in 1の方が都合がよい。1台で2役を兼ねることは、ソフトウェアのライセンスやセキュリティ管理におけるコストも1台分で済むため、タブレットとノートPCを別々に導入するよりTCOの観点からも有利だ。

 とはいえ、タブレットにしても、2 in 1にしても、当然ながらコンシューマーとビジネスでは求められる要素が異なる。ビジネスに欠かせない要素を満たしているかどうかで、実際の現場における運用時の生産性、管理コストなどが大きく変わってくるため、注意が必要だ。

 市場にはコンシューマーとビジネスの両方を1つの製品でカバーするタブレットや2 in 1も少なくないが、レノボ・ジャパンの10.1型タブレット「ThinkPad 10」と11.6型2 in 1デバイスの「ThinkPad Helix」は、ビジネスに最適化された最新モデルであり、さまざまな優位性が得られる。その導入メリットを見ていこう。

tm_1504_lenovo_1_01.jpg レノボ・ジャパンの10.1型タブレット「ThinkPad 10」(右手前)、11.6型2in1デバイスの「ThinkPad Helix」(左奥)

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabook は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。
提供:レノボ・ジャパン株式会社

提供:レノボ・ジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部