Loading
2015年05月18日 10時00分 UPDATE
PR

“完璧”と豪語するその理由はクラウド&ビッグデータ時代に再評価の機運高まる“あの製品”とは

クラウドの利用やビッグデータの活用など、企業のIT環境は変革期を迎えている。そのIT基盤を支える技術として、あるハードウェアアーキテクチャを再評価する機運が高まっている。その最新動向を追う。

[TechTargetジャパン]

 クラウドやビッグデータといった新たな技術の活用が企業の間で少しずつ進んでいる。それに伴い、企業におけるITの役割や位置付けは大きく変化している。クラウドはビジネスの柔軟性と俊敏性を高め、ビッグデータはビジネスにおけるデータ活用の可能性を飛躍的に高めようとしている。これからの企業のIT基盤にとって、切っても切れない不可欠な要素だ。

 その一方で、IT基盤を支えるインフラ技術やハードウェア技術も日々進化を続けている。プロセッサやストレージ、ネットワークなどさまざまなハードウェア分野で技術革新が生まれており、クラウドの運用や、ビッグデータの大量・高速処理をより効率的に行えるようになってきている。

 中でも、クラウドやビッグデータが普及している今だからこそ、それを支えるIT基盤として再評価の機運が高まっているハードウェア技術がある。クラウドで求められる機能のうち欠けているものは何1つなく、ビッグデータ処理基盤として完璧だと豪語するその理由とは。以降で詳しく紹介しよう。

提供:日本オラクル株式会社

提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部