2015年05月07日 08時00分 UPDATE
特集/連載

一般的にはお勧めできないが……「Windows 8.1」で「Hyper-V」? クライアントPCで仮想環境が必要になる事情とは

デスクトップPCでのHyper-V実行は、一般的にはあまりいいことではない。だがユーザーがセキュリティのためにHyper-Vの仮想マシン内でWebを閲覧しなければならない場合など、それが適切な場合もある。

[Brien Posey,TechTarget]

関連キーワード

Windows 8 | Windows 10 | Hyper-V


ik_tt_hyperv01.jpg 主な仮想化テクノロジーのアーキテクチャ。Hyper-Vはマイクロカーネル型を採用する(TechTargetジャパン記事「Windows Server 2003の延命にHyper-V活用は妥当か?」から)《クリックで拡大》

 「Windows 8/8.1」の一部エディション(ProとEnterprise)には、「Windows Server 2012」や「Windows Server 2012 R2」に含まれる仮想マシン実行環境「Hyper-V」の機能を制限した「クライアントHyper-V」が搭載されている。だがやむを得ず使わなければならない事情がない限り、デスクトップPCでHyper-Vを有効にするのは避けた方がいい。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

Appleは今でもイケてるブランドか? 調査とデータで考察する
ビジネスパーソンの人的ネットワークから日本人の国語に関する意識変化、ウェアラブル端...

news101.jpg

セールスフォース・ドットコム、SalesforceにAI機能を組み込む「Salesforce Einstein」を発表
セールスフォース・ドットコムは、Salesforceのクラウドサービスに人工知能(AI)を組み...

news077.jpg

日本の複数デバイス利用ユーザーの半数は4台以上持ち──クロスデバイス利用動向調査
Appierは、アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査の日本版の調査結果を発...