2015年05月07日 08時00分 UPDATE
特集/連載

一般的にはお勧めできないが……「Windows 8.1」で「Hyper-V」? クライアントPCで仮想環境が必要になる事情とは

デスクトップPCでのHyper-V実行は、一般的にはあまりいいことではない。だがユーザーがセキュリティのためにHyper-Vの仮想マシン内でWebを閲覧しなければならない場合など、それが適切な場合もある。

[Brien Posey,TechTarget]

関連キーワード

Windows 8 | Windows 10 | Hyper-V


ik_tt_hyperv01.jpg 主な仮想化テクノロジーのアーキテクチャ。Hyper-Vはマイクロカーネル型を採用する(TechTargetジャパン記事「Windows Server 2003の延命にHyper-V活用は妥当か?」から)《クリックで拡大》

 「Windows 8/8.1」の一部エディション(ProとEnterprise)には、「Windows Server 2012」や「Windows Server 2012 R2」に含まれる仮想マシン実行環境「Hyper-V」の機能を制限した「クライアントHyper-V」が搭載されている。だがやむを得ず使わなければならない事情がない限り、デスクトップPCでHyper-Vを有効にするのは避けた方がいい。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news109.jpg

ファン作りは売り上げにコミットしているか?――日本マクドナルド、西友、カルビーのマーケティング幹部が語る
「アンバサダーサミット2017」から、「CMOや宣伝部長の視点から考えるアンバサダープログ...

news027.jpg

インターネット広告の費用対効果、約6割のマーケターが不安視──AdRoll調査
AdRollは、調査レポート「消費者リサーチ2017 - クリックされない広告から考える広告施策...

news102.jpg

企業の社会課題への解決姿勢は商品の継続利用や他者への推奨意向に影響――メンバーズ調査
メンバーズが実施した「エンゲージメント・サーベイ」によると、Webサイトで本業による社...