2015年05月08日 08時00分 UPDATE
特集/連載

あらためて問われるワークライフバランスオフィスに従業員を縛り付ける会社は古い! 「昇給よりも柔軟な勤務形態を優先」

英国人は柔軟な勤務形態を望み、自社の勤務形態に不満を抱いている。オフィス外で働くことでワークライフバランスを改善したいと考えている。

[Kayleigh Bateman,Computer Weekly]
Computer Weekly

 英国では、2014年7月にフレキシブルワーキング(https://www.gov.uk/flexible-working/overview)ポリシー法が導入された。だが、英Unifyの委託によって英Censuswideが実施した調査によると、英国人の3分の1以上(37%)が自分の勤務先には柔軟に働ける環境がまだ整っていないと訴えていることが明らかになった。

Computer Weekly日本語版 5月7日号号無料ダウンロード

16712.gif

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 5月7日号号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。


 通信とソフトウェアのプロバイダーUnifyは、英国を拠点とする1500社以上の企業に勤務する従業員を対象にアンケートを実施した。回答者の39%は、柔軟な勤務形態を認める会社には長く勤めたいと答えたが、自社を友人や知人に薦めると答えたのはわずか24%にとどまった。

 英国とアイルランドを担当する同社のポートフォリオ管理責任者、ロバート・キーナン氏は、従業員はさらなるワークライフインテグレーションを実現するのに真剣だと話す。2014年にUnifyが発行したNW2W (New Way to Work)Index第4号で、ほぼ半数の従業員が昇給よりも柔軟な勤務形態を優先し、柔軟な勤務形態を提供する会社が他にある場合は、約3分の1の従業員が勤務先を変える意思があることが明らかになったと同氏は指摘する。

 「優れた人材の確保と維持を真剣に考えている企業は、そろそろ新しい働き方の実現に乗り出すべきだ」と同氏は語る。

 「Humanising the Enterprise」(企業の人間化)と題されたこのリポートでは、多くの従業員がオフィス環境による制約に不満を募らせていることが分かった。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news013.jpg

VRが創造する「あり得ない体験」で広告はもっと楽しくなれる
VRのマーケティング活用例を知る企画の後編。「非日常体験(シミュレーション)型」「イ...

news015.jpg

インターネットは信用できるのだろうか?
パーソナルデータのマーケティングへの利用を消費者はどう感じているか、ソーシャルログ...

news071.jpg

フィードフォース、セルフサービスでデータフィードの作成・管理が可能なプラットフォームを提供
フィードフォースは、データフィードの作成・管理・最適化を広告担当者自身で行うことの...