Loading
2015年05月15日 10時00分 UPDATE
PR

震災から4年、バックアップ環境を見直すあなたのバックアップ課題を劇的に変える3つの手法、検証結果も公開

バックアップ・リカバリ環境は多くのIT担当者の頭を悩ませている。コストや手間、時間など、さまざまな課題を抱える中、環境の見直しを進めている企業も少なくない。理想のツール像を探る。

[TechTargetジャパン]

 東日本大震災の経験から、バックアップ環境の重要性にあらためて気付かされたIT担当者も多いことだろう。事業停止は機会損失以外にも、ブランドイメージの悪化や信用の失墜といった悪影響を企業にもたらす。そこで、震災直後から環境見直しの一環として、多くの企業で各種ツールの採用が相次いだ。

 あれから4年が経過し、バックアップツールのリプレースを機に再検討に乗り出す企業も増えている。では、企業は既存環境の課題をどう捉え、何を優先して改善に取り組もうとしているのか。TechTargetジャパンが2015年2〜3月にかけて読者会員を対象に実施した「バックアップ・リカバリ環境に関する読者調査」の結果によると、まず前者では「バックアップ処理に時間がかかる」や「運用・保守における人的負荷やコストが大きい」「リストア処理に時間がかかる」などが上位に挙がった。また、後者では「運用のしやすさ」「バックアップ処理時間」「費用対効果」との回答が数多く寄せられた。

 バックアップの目的はデータの確実な保護と迅速なリストアであり、そこで目指すのはRTO/RPO(目標復旧時間/目標復旧地点)の極小化である。ただし、バックアップは万一の際の“保険”であるため、より低コストでの整備/運用が経営サイドから求められる。調査結果にもこのことが顕著に表れている。

 前者と後者の要求は相反関係にあると言っていい。こうした中、両者をできる限り両立させるには、どんなツールを選択すべきなのか。本稿では読者調査の結果から、理想とされるツール像を探りたい。

提供:ノックス株式会社

提供:ノックス株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部