2015年05月20日 10時00分 UPDATE
カスタムナーチャリング

約10倍にスピードアップ、イメージバックアップで復旧時間を大幅短縮

高速かつ信頼性の高いバックアップリカバリは、事業継続性の最大化に必要不可欠である。これを実現する技術として、イメージバックアップの手法が近年注目を集めている。

[ITmedia]

 システム障害発生時に起こる業務の混乱や中断を回避するポイントは、「どの時点に回復するか」、そして「どれだけの時間で回復するか」を明確にすることだ。イメージバックアップは、ディスクのセクタイメージをそのままバックアップファイルに書き込む。そのため、日常的に実行される増分バックアップにかかる時間は数十秒程度となる。さらに、ファイルバックアップに比べて数倍のシステム復旧スピードを実現することができる。

 本資料では、ファイルバックアップとの比較で約10倍の復旧スピードを実現するソリューションを紹介する。ファイルの自動管理や仮想環境を活用した効率的な運用方法などについて解説している。

ホワイトペーパーをダウンロードする
提供:ストレージクラフト テクノロジー合同会社

提供:ストレージクラフト テクノロジー合同会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部

【製品情報】
【ユーザー事例】
【無料体験版ダウンロード】