Loading
2015年05月28日 10時00分 UPDATE
PR

変化に強いシステム作りの“落とし穴”、その正体とは?IT部門を成長の原動力に進化させる「たった1つの工夫」

IT部門は最新技術を活用し、業務環境の改善や顧客満足の創出などでビジネスへ貢献することが求められている。だが期待に応えようとするIT部門が見落としがちな“落とし穴”も存在する。その正体と対策を示す。

[ITmedia]

 クラウドやモバイルへの潮流が加速する中、企業のIT部門にも変革が迫られている。かつてのIT部門は、基幹システムをいかに安定的に稼働・運用させるかが主業務だった。だが現在では、各種テクノロジーを駆使して業務部門の要求に柔軟に対応し、新たなユーザーの獲得や新サービスの開発に貢献するなど、企業の競争力に直結する役割を期待されるようになってきている。その要望に応えられないIT部門は、必然的に業務部門からの信頼を失い、さらには経営層からも失望を買うことになる。

 企業のIT部門が新たな期待に応えていくためには、求められる機能やサービスを迅速に実現できる柔軟で身軽なITインフラが不可欠だ。社内サーバやストレージの仮想化、プライベートクラウドへの移行などは、当然ながらその手段の一例として挙げられる。だがこうした一連のITインフラ見直しに当たり、実はある重要な要素を見落としてしまうケースが少なくないのが現状だ。

 その“落とし穴”の正体とは何か。具体的な対策とは。IT部門が業務部門の期待に応え、成長の原動力になるための秘訣を解き明かしていこう。

提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社

提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部