2015年05月27日 16時30分 UPDATE
特集/連載

SDNをレイヤー4-7に【後編】導入して分かる、レイヤー4-7オーケストレーションの思わぬありがたみ

Software Defined Data Centerのプロビジョニングとライフサイクル管理自動化のため、レイヤー4-7ネットワークオーケストレーションツールの必要性が高まっている。だが、メリットはそれだけに止まらない。

[Jessica Scarpati,TechTarget]
ttyo_20150527.jpg Vmwareのネットワーク仮想化プラットフォーム「VMware NSX」の全体像《クリックで拡大》

 前編「大手ベンダーも注目、ネットワークオーケストレーションとは何か」に引き続き、レイヤー4-7ネットワークオーケストレーションツールについて考えてみたい。

 英Forrester Researchのプリンシパルアナリスト、アンドリュー・カインドネス氏は、データセンター周囲のレイヤー4-7オーケストレーションに注目が集まる一方で、最も恩恵を受ける可能性があるのはワイドエリアネットワーク(WAN)であると指摘する。

レイヤー4-7オーケストレーションへの期待はさらに膨らむ

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

2016年夏のテレビ的「話題」と「問題」
リオ五輪で注目を集めた日本人選手、パラリンピック選手の競技環境、テレビが健康に及ぼ...

news083.jpg

マーケティングオートメーション「B→Dash」が「Sansan」「kintone」と連係開始
フロムスクラッチが開発・提供するマーケティングオートメーションプラットフォーム「B→...

news028.jpg

Act-on Softwareのマーケティングオートメーションを月額9万円で提供
MKTインターナショナルは、Act-on Softwareと販売パートナー契約を締結し、同社が提供す...